T呪殺,言葉で相手を殺す。脅迫。幸せへのノウハウ秘訣

2016年4月10日 (日)

Know-How for happiness.幸せへのノウハウ。相模原障害者施設への侵入・大量殺傷事件に接して。Bordered by the invasion of the Sagamihara disabled persons and mass killings.

2019 2/28 renewal bilingual
 夜中の3時半、ふとテレビのスイッチを入れたら、信じ難いニュースがテレビ画面から飛び出して来た。
25歳くらいの元職員が、15人の人を殺し、20人以上の人がナイフで刺した、という事件である。
4時半頃には、「私が刺しました」と警察に出頭して来たとの緊急報道もあった。そして、昼の12時の番組では、死亡者が18人に増え、24人位が近隣の病院で治療中とニュースが流れた。
 完全な確信犯であり、悲しい事件と言わずないまま(ほったらかし;ほおって)はおれなくなって、思わずブログを開いてこれを書いています。
If 3:30 in the middle of the night, my TV I turned, unbelievable news came out of the TV screen. Among the former officials of 25-year-old killed 15 people, and more than 20 people stabbing him with a knife, attacked. 4: 00 came and police appear "stabbed me" at half-time, with the urgent news.  And noon shows, fatalities increased to 18, about 24 people flowed during the treatment and news in a nearby hospital. And with complete conviction, saying the tragedy without (big; cheek) is am writing this, I open the blog.
「彼は半年前までその施設で働いており、一時精神不安定で入院させられていたこともある」とのコメントを聞き、気が滅入ってしまった。裁判の進行状況が目に浮かんだからである。
弁護士諸先生方の「ありきたりの弁護方針:彼は心をわずらっており、許され難き犯罪ではあるが深い同情に値する・・・」というあの弁護演説です。
To listen to comments that also had been hospitalized in temporary mental instability he has been working in the facility until six months ago, was depressed. Among the progress of the trial came into my eyes. Lawyers and teachers ' common defence policy: deserves compassion but he is a criminal and from the heart, and easily excused..." that is that defense speech.
 冗談ではありません。彼は、意識のしっかりした確信犯であり、実に論理的な推論の上、計画性を持ってその事件を起こしているのです。しかも、1~2時間後には「私がその事件を起こしました」と言っているのですよ。最高級の極刑が一番ふさわしいのです。
即刻銃殺刑にするのがもっとも安上がりなのですが、日本の裁判所は10年も20年もかけて、無駄な税金を使いつつチンタラちんたら裁判を行っていくのであろうことを思うと、あほらしくてあほらしくて・・・。
八つ裂きの刑にし、道路っ端にさらし首にしたって、その罪は償い切れないのです。一番ふさわしい刑は逆に殺さないで、半永久的にチンパンジーの檻のようなオープン刑務所で生き恥をさらし続けさせるのが、もっともふさわしいのではないでしょうか
 It is not a joke. He is a firm sense of conviction, and has caused the incident, have planned a logical inference on the is. Moreover, 1-2 hours after saying "I made the case" that is. It is the finest capital punishment is the best. Is immediately executed by firing squad for the most inexpensive, Japan Court over 10 or 20 years, unnecessary taxes while slowly Chin I will be going to court in thought, ‘ahorashikute’(too stupidstupid very much).... Dismemberment and the road was severed at the end, it not out of penance and Sin is. The best penalty kill Conversely, permanently the Chimp cage open prison in disgrace to continue to expose the most fitting in.
 近ごろの司法は、事ある毎に、被害者の人権よりも、加害者の人権擁護の方を優先した判決を下す傾向があります。それも、10年も20年もの長期裁判でそのような加害者擁護に税金の無駄使いをしているのです。
 その無駄遣い費用はおそらく、受刑者一人当たり1億円を下らないでしょう。社会全体から見れば、10億円とか100億円の無駄使いであろうかと思われます。そんなら、早々とチンパンジーの檻に移し、餌を与え続けて見せしめにするのが、費用対効果の点で優れています。
アルカイダの如くに、また、ISのように自爆というような成果を犯罪者に与えてはいけない
 Justice these days that things tend to pass judgment is always emphasized to the perpetrators of human rights than the human rights of victims.  It is 10 years 20 years is in a long-term trial advocacy, such as the perpetrator has wasted tax money. The wasteful expense is probably not less than inmates per capita 100 million yen. If it sees from the society as a whole, waste of 10 billion yen or 1 billion yen would or likely. As a warning to continue giving food, then, and moved to the Chimp cage excels in terms of cost-effectiveness. Like Al-Qaeda, and outcomes such as suicide bombers IS to give criminals.
 昔、日本には切腹の美学というものがありました。十字切腹という抗議の切腹も存在しました。あの武士道精神は、それなりに意味を持っているのですが、宗教心がほとんど消失した現代社会においては、あの美学は存在しなくなっているのです。
 自爆行為を何故ISは繰り返すのか。
アラーの神は関係ありません。ゲーム感覚で殺人を楽しんでいるだけなのですよ。自分が勝手に信じ込んだ屁理屈で、周囲に害を及ぼす、その結果責任を回避するために自殺しているだけなのです。
 社会復帰の可能性はゼロに限りなく近いでしょう。税金の無駄遣いは避けるべきです。
地域社会の責任を問う(問題にする:議論する)ならば、親兄弟にも小中高の先生にも、近所の人々にも責任はあります。大反省すべきでしょう。
 Once the aesthetics of Seppuku is in Japan. There were also protests that cross Seppuku Hara-Kiri.  It is no longer is that aesthetic of Bushido spirit that has meaning in its own way, but religion almost disappeared society. Repeat the Act of suicide is why? Allah's God does not matter. I'm just enjoying the murder game.  It is only by suicide to quibble I believe without permission, harming surrounding an evasive action as a result. Reintegration potential is close to zero. To avoid waste of tax money. Liability of the Community (problem: to discuss), there are an elementary school teacher and the neighbors responsibility. Should be repenting big.
"Family members and relatives are not unrelated. Is not responsible for what ' that is opinion?
家族や親族は無関係ではないか。責任はないのではないか』という意見ですか?

続きを読む "Know-How for happiness.幸せへのノウハウ。相模原障害者施設への侵入・大量殺傷事件に接して。Bordered by the invasion of the Sagamihara disabled persons and mass killings."

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年4月 5日 (火)

Judah was alive! イエスはイチジクの木を、ペテロは夫婦二人を呪殺。⇒ユダは生きていた!Jesus fig tree curse, the husband and wife Peter. ⇒参:小澤克彦教授

 2019/ 4/20 bilingual ⇒ Top page by Hiro. Oyama
Actively came out incidents like a conquering hero took the curse killed a husband and wife Peter. It is causing the incident actually Jesus killing curse. The case "Gospel of mark" was first written in the four Gospels in Chapter 11 verse 20-22, clearly depicted.
 鬼の首を取ったかの如く、ペテロが夫婦二人を呪い殺した事件を盛んに指摘して来ました。実はイエスも呪い殺す事件を起こしているのです。
その事件は、4福音書の内で最初に書かれた「マルコによる福音書」の第11章20節~22節に、明確に描かれています。
:And as they were passing by in the morning, they saw the fig tree withered from the roots up. And being reminded, Peter said to Him, "Rabbi, behold, the fig tree which You cursed has withered."
 That yesterday, "when Jesus cursed articles", Chapter 11 verse 12-14 section please.
その昨日のイエスが呪った時の記事は、第11章12節~14節に明記してあります。

:And on the next day, when they had departed from Bethany, He became hungry. And seeing at a distance a fig tree in leaf, He went to see if perhaps He would find anything on it; and when He came to it, He found nothing but leaves, for it was not the season for figs. And He answered and said to it, "May no one ever eat fruit from you again!" And His disciples were lisning.
 It is, how is the curse the humans killed Peter, Jesus is fig plant curse killing he was. The doctor (or scientists) and is the author of the Gospel of mark that as one of his henchmen, clearly as the episode leave it.
どうです、ペテロは人間を呪い殺しましたが、イエスは、イチジクという植物を呪い殺しておられたのです。医者(もしくは科学者)だと推測されるマルコによる福音書の筆者はイエスの取り巻きの一人として、それをはっきりとエピソードとして残しているのです
 ヨハネは福音書の中に,このマルコが詳細に書き残した呪殺事件を書いてはいません。マタイは半分程度に短縮して触れています(Matthew,21、18~22)。 もちろん後で伝え聞いたルカは自分の書いた「ルカによる福音書」に採用してはいません。
 It had a scientific eye was just the original author Peter and Mark's Jesus cronies in that. "I do not make this mark, Jesus chooses 12 disciples, if not. ⇒ 12 disciples Jesus will very likely did not specify that. "Peter has a damn it" look. You (Jesus) has been cursed fig tree in the kitchen "and pointed out that it was. Then Jesus said, "(reflecting that accidentally ended up killing curse while)
ということは、科学的観察眼を持っていたのは、イエス取り巻き連中の中で、ペテロとマルコのオリジナル筆者だけであった、ということになります。

《もし、イエスが12弟子を指定したならば、このマルコを加えない訳はありません。⇒12弟子をイエスは指定しなかった可能性が非常に高いことになります。》
 ペテロはそれに気が付いて「御覧なさい。あなた(イエス)が呪われたイチジクの木が枯れています」と指摘したのでした。そうしたらイエスは、「(うっかり呪い殺してしまったことを反省しつつ)
Peter has a damn it "look. You (Jesus) has been cursed fig tree in the kitchen "and pointed out that it was. Then Jesus said, "(reflecting that accidentally ended up killing curse while)
Truly I say to you, whoever says to this mountain, 'Be taken up and cast into the sea,' and does not doubt in his heart, but believes that shall be granted him. Therefore I say to you, all things for which you pray and ask, believe that you have received them, and they shall be granted you.・・・”と、神の奥義(ノウハウ:秘術:心が物質に作用する真理:超能力)を伝授されたのでした。
 ペテロは、イエスの死後、これを思い出して、夫婦二人を呪い殺しただけなのです。
And since the passing of the mystery of God (knowledge: arcane mind acting on the material truth: ESP). Remember this after the death of Jesus, Peter, is the only killing curse the couple. He could show come down from the cross and told the disciples that not doing it could kill, but did curse the Jews who are suspicious of their surroundings. The author wrote of the original mark you can use and understand its meaning only because it wrote their Gospels. Word-and-more
イエスは十字架上から降りて来て見せることも出来たし、自分を疑っている周囲のユダヤ人を呪い殺すことも出来たのですが、「それをやってはいけない」ということを弟子達に伝えたかったのでした。
”オリジナルのマルコ書”を書いた著者は、その意味を唯一理解していて、それを自分の福音書に書き残したのでした。・・・の続きの言葉は、”And whenever you stand praying; forgive, if you have anything against anyone; so that your Father also who is in heaven may forgive you your transgressions."とイエスは話されているのでした。これら実際にイエスが話された実話がオリジナルマルコ書に書かれていたのを読んでいるのに理解せず、ヨハネもマタイも無視したのでした。(ルカが何故無視したのかは不明です)。And because Jesus has spoken. Without understanding that reading these in fact Jesus told true story was written in original Marco had ignored both John and Matthew.  (What you ignore Luke why is unknown). Is the author of this original Marco always beside him, with a scientific eye movement of Jesus and the others calmly observed (observed) was the writer's last scene to prepare dinner for the CHAPTER-11: 12-13 section,
 このオリジナルマルコ書の筆者は常にイエスの傍にいて科学的な目でイエスやその周囲の人々の動きを冷静に観測(観察)していたのですが、その筆者は、最後の晩餐の準備をする場面では、CHAPTER-11章12節~13節、And on the first day of the Feast of Unleavened Bread, when the Passover lamb was being sacrificed, His disciples said to Him, "Where do you want us to go and prepare for You to eat the Passover?" And He sent two of His disciples, and said to them, "Go into the city, and a man will meet you carrying a pitcher of water; follow him;・・・”という風に、二人が誰であったかをあえて書きませんでした。 マタイは、準備に出かけた弟子が二人であったことにさえ文中で触れてはいません(簡略化を図っています)。
「その二人はペテロとヨハネであった」とばらしたのは、ヨハネ書の筆者ヨハネでした。(殊更にばらしたのはヨハネだけです)その同じ筆者(医者らしきマルコ)が、イチジクを呪い殺した事件の時には、ペテロはイエスに言ったPeter said to Him, "Rabbi, behold, the fig tree which You cursed has withered."と名前を明確に記しているのです。不思議でしょ。
 Dare we have written out and in that way, two people who were. Matthew, that the two disciples went to prepare even touched in a sentence, not (strives to simplify). It was writer John said "those two guys was in Peter and John the Baptist". (A loose deliberately is just John the Baptist). In the time of the incident the same authors (which seems to be the doctor Marco) killing curse fig ペテロ:Peter said to Him, "Rabbi, behold, the fig tree which You cursed has withered." And is clearly wrote the names. Strange, isn't it?

続きを読む "Judah was alive! イエスはイチジクの木を、ペテロは夫婦二人を呪殺。⇒ユダは生きていた!Jesus fig tree curse, the husband and wife Peter. ⇒参:小澤克彦教授"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月27日 (日)

病は気から。Disease from the mind. Sick of you is depends on your heart. Contribute to the reduction of health care costs.あなたの病気はあなたの心次第。医療費の軽減に寄与。

2019 07/24 top-page Hiro. Oyama
 超能力とか念力(PK)とか言い出せば現代人はすぐに、オカルトだ、科学的ではない話として片付けてしまいますが、医学の世界では頻繁に認められている現象なのです。幾つかあなたも体験したことのある現象例を挙げてみましょう。If he say ESP and psychokinesis (PK) and modern, occult's scientific phenomenon would finish as no talking, but often accepted in the world of medicine. Let me give you some experience the phenomenon.
〔1〕、鳥肌が立つという症状。怖い思いをした時に、鳥肌が立つ経験はあなたもなさったことがあるでしょう。あの鳥肌はあなたが『立てたい』と思ったから立ったのではありません。『怖い!』と思った瞬間に身体が反応して起こったのです。
相手の鳥肌を立たせようと思えば、非常に怖い思いを言葉で与えても「鳥肌が立つ」という症状を相手に引き起すことが出来ることも、あなたは経験学上知っているのです。
 The symptoms of goose bumps. That goose bumps during the scary experience did you have? I'm not from sensation thought you want to make. "Scary!" I thought the body is reacting to the moment. Also can be scary so I think made him stand up against goose bumps, giving in against causing "goose bumps", which you knew, from experience, that is.
〔2〕、急性胃潰瘍(いかいよう)という症状。 もの凄い困難な状況で、あなたの一挙手一投足が重要な決定要素となる状況下では、多くの人が、急性胃潰瘍や12指腸潰瘍になられます。困難な状況下に置かれなければ、起こるはずもない現代病ですよ。
治す最善の方法は、薬を飲むことではありません。仕事を半分にすればいいことも多くの経験者が語るところです。
 Acute gastric ulcer of stomach ulcer-that symptom.
What will become acute stomach ulcers and ulcerative 12 more people under the circumstances would be in great difficulty, your every move is an important determining factor.  It could happen if you are placed into the difficult situations, not modern disease. The best cure isn't taking medicine. It is said more experienced person can do half the job.
〔3〕、強度のヒステリー症状
 東北大震災の時にも、「頭髪が全部抜け落ちてしまった」という報道もテレビでやっていました。
医者は「強度のヒステリー症状でしょう」と説明し、治療をしています。
恐ろしいことに遭遇した時に、「それまでの黒髪が一瞬にして真っ白になった」という例も度々聞きます。
 Hysterical strength.
During the earthquake, reportedly "slipped through the hair all" was doing on TV. The doctor "would be hysterical strength. "And explains the treatment. During the terrifying encounter, often hear ' hair until it the moment the mind went blank ".

続きを読む "病は気から。Disease from the mind. Sick of you is depends on your heart. Contribute to the reduction of health care costs.あなたの病気はあなたの心次第。医療費の軽減に寄与。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月10日 (木)

刃物の常識と婚活

 婚活中の一こま。
だだっ広い我が家の台所で、戸惑いつつもテキパキと調理準備が進んでいる。
「ハサミある?」⇒「あるよ、ここ!」
と、引き出しから調理ハサミを手渡す。すぐ掴めるように刃の方は自分向き!
「料理教室で最初に習う事だよね、しつこいくらい。」
「そうよ、でも女性向け講習会ではそんなこと教えない。常識だもの」

「まな板は?」⇒「これ使って」
「包丁は?」⇒「ここにある。どれもこれもボロボロだけど・・・」
「何これ、赤さびだらけ。!!」⇒「ああ、研ぐよ」
と、砥石で擦り、回転式包丁研ぎ器を出して、刃を付ける。

 使った包丁を元の包町丁立てに戻そうととして叫び声があがった。
「何これ、刃が皆上を向いている。危ないじゃない!」
⇒「えっ、包丁は刃を上に向けて置いた方が刃のさび傷みが少ないんじやないの、昔からそう置いて来た」
「危ない!危ない!」と言いつつ、数本あった包丁を皆、刃を下向きに置き直す彼女。

『 夫婦喧嘩の後で、刃を上にして包丁が置いて有った場合には、妻の殺意を感じ取っていいんだ。そうだ、それで正常な感覚なんだ。』
 と、改めて納得した。

 やっと地獄から抜け出せたと思った。

| | トラックバック (0)

2013年9月 3日 (火)

過労死は本人の自殺行為でもある!

『 仕事が面白い 』 VS 『 仕事がキツくて身体を壊すor 死に至る 』
                 という問題を考えてみましょう。
 冒険と無謀との境目はどこにあると思いますか?
しんどい思いをして危険を犯して行動して、生きて帰って来た場合が『 冒険 』であり、死んでしまった場合を『 無謀 』って呼ぶんです。
仕事に限らず、限界ギリギリまで頑張るのは、実に面白いものです!でも死んでしまった場合は『 無謀であり、はた迷惑行為 』 と呼ばれるんです。

あなたの家族の皆さんを悲しませる危険な自殺行為をあなたは犯し続けているんですよ!
 過労死は本人責任の部分が大きいと思うんですが、如何?

| | トラックバック (0)

2013年5月29日 (水)

2)、自己治癒力を信じている医者vs信じていない医者

 ドライブをしつつ、看護師の婚活相手に、宏は静かにしゃべった。
『 私には自己治癒力という超能力があるんだよ、不思議なことに、足が痛い時には足に治る治るといって暗示念力を掛けると、治ってしまうんだ。』
「 ・・・ 」
『 ・・・、切羽詰まった時に必死で祈るんだよ。念力を必死で掛けて、暫く他のことをしていると、数分後にふと気が付くと治っているんだ。』
「 うっそー、そんなこと有る訳ない!」
『 実際にそうなるんだから、不思議なもんだよ、ある種の超能力かもね。』
「 またまた冗談を言って・・・」
『 本当だよ、足が痛かったのが治った経験は40才頃だったかな、出張で駅に降り立ち、まだ約束の時刻には間があったので、訪問先の会社に数キロの道を歩いて向かっていた時だった。
急に足(ひざ頭)が痛み出したんだ。「いかん」、と思って”手かざしまがい” をやりつつ祈って暫くそのまま歩いていたら、ふと気が付くと、その痛みが嘘のように消えてなくなっていたんだ。』
「 ははは、それ冗談でしょ?」
『 冗談ではないよ。本当に経験したんだ。
 一番最初にこの治癒力に気が付いたのは高校2年生になった春だった。
  眼科医に丸一年通院したけど治らなかった。
   担当の眼科医に文句を言ったら、その医者が言うには、
    「君が治ろうとしていないから治らないんだ。」
                      と言ったんだよ。』
「 ・・・、」
『 それ以降、医者に行くのはピッタリと止めて、”治る、治る、治る、・・・” と暗示をかけて一週間後だったと思うけど、鏡の中に写っている自分の目の赤くなっている(結膜炎)が治っていたんだ。それ以来、私は医者嫌い、薬嫌いなんだ。』

「 そんなこと有り得ない。思いすごしよ、元々悪くなかったのよ!もしくは、その医者が藪医者だったのよ。貴方が騙されていたのよ。」

『 君は病院に勤めているんだろ~?、
中にはへんな医者も居るかも知れないけど、多くの医者は、
 【 病気は本人の意思自己治癒力で治るものであり、
   医者はその補助をするだけの存在 なんだ。】
        という謙虚な姿勢を持っているはずですよ。』
「 そんなこと、信じられない。私は絶対に信じない!そんなこと有るはずない!」
『 明日、病院に行った時、付近の先生を捕まえて聞いてみてごらんよ、「その通りだ、医者はその手助けをしているだけで、多くは自分が治そうと真剣に思う事が病気や怪我を治すのだ、残念だけど・・・」てな返事が返ってくるはずだよ。』
「 バカバカしい。冗談よしこさんよ!」
『 困った看護婦さんだね、さみしいね。本当なんだから・・・』

 この婚活相手とは、それでお終いであった。以来、メール交信も途絶えてしまった。

 数か月の数えきれないメール交換と数回のデートの後での、お別れであった。こういう微妙な打ち明け話は、婚活やデートには向かないのかもしれないね。
信じるか信じないか、正直か不正直か、神や生命力を信じるか信じないかに関係する非常にセンシティヴなテーマだからね。
でも、私は再婚相手には少なくとも、この手の共通感覚を求めてしまうんだけど、これ、間違ってるかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月28日 (火)

1)、治癒力という超能力 ⇒ 生命力とは?

 宏には不思議な能力があった。
それは『 自分の病気や怪我は大抵のものは治せる。』 という能力であった。
治癒力とも言えるし、生命力の少し変形したものとも言えた。あるいは自己暗示の効果とも言えたであろう。

 宏は2才頃(物心付く前)に両足に火傷を負った。そのため小学校時代にはズックがまともに履けず、運動は極端に苦手であった。常にいじめの対象にされ、女の子からも喧嘩を売られるという みじめな小学時代 を過ごした。

 幸いにも中学一年生の夏休みに整形手術を受け、外見は周りの人と変わらない健康体になった。しかし小さい頃の心の傷は深かった。

 大山宏の物語はここから始まる。
宏は「自分が外見上人と同じようになって喜ぶ」 と同時に不思議な感覚(感想)を持った。それは、
『 自分は身障者で無くなった。(これまでは周囲に甘えて生きて来たが)これからはその甘えは許されない。』  という自覚であった。
 しかし、心の奥深くに焼き付いた甘えの構造 がそう一朝一夕に治る訳ではない。

 金槌(かなづち)から脱出して泳げるようになったのは高校1年生の春であった。
大学2年の春には九州一周、夏には北海道一周を自転車で成し遂げて、少なくとも体力面では全く普通の男の子に変身した。

 変な能力に気が付いたのは、高校2年になった春であった。
丸1年通院したが「結膜炎」 という眼病が一向に治らないのであった。
名医とうたわれ大繁盛の医院の院長先生にくってかかると、その先生は同情的に、正直に、しゃべってくれた。
『 病気というものは本人が治すという気持ちがないと治らないのだよ。君は、治そうという気持ちが無いから治らないのだよ。』

 宏は「分かりました」と返事し、以降、その有名な眼科医への通院を、ピッタリ止めてしまった。
そして、ただひたすら、『 治る、治る、治る!』  と、自己暗示 を必死でかけたのであった。
 驚いたことに、本当に治ってしまったのだ。!

 以降50年間、宏は、医者嫌い、薬嫌い、注射嫌い、で通して来ている。それで大抵の病や怪我は治ってしまうから、自己暗示も捨てたものじゃない、正に、信じる者は救われるのであったし、 ”天はみずから助すくものを助すく” であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月10日 (水)

『貴方には真の友達は居ない』と言った人、言われた人

現代イソップ物語(大人のイソップ物語)です。

 還暦過ぎた熟年夫婦の離婚争議(犬も食わない夫婦喧嘩)の真最中に、義理の兄貴が言い放った。『貴方には真の友達は居ないはずた!』と。

はびっくりして義理の兄貴に、(あきれ顔で)言い返した。
『失礼じゃないですか。確かに私には敵は多い。しかし、心の友達(真の友達:親友)は複数人いる。その中には君:義理の兄貴も,もよく知っている真の友達もいるよ』
『そんなハズはない。貴方には実に沢山の敵がいる。真の友達なんか、いるハズはない!』

 真夏の夜の海の家で、妻と夫と義理の兄貴三人でバーベキューをつついていた。
 が口を挟む。
『誰よ,それ?』
義理の兄貴は『言える訳ないだろ、親友なんか,お前には居ないんだから.』という顔をしている。

は困った。親友の名前を挙げることは簡単だが、名前を出せば、親友の品評会にされてしまう。

『・・・、(義理の兄貴も知っている友人の)名前を明らかにするのは簡単だが、それは出来ない。名前を出せば、結局、その友達を後日呼び出して,苦しい証言をさせることになる。

 その友達が、『No.友達ですが、親友(心の友達)ではない!』と証言すると、私は大きく傷つき、地獄に蹴落とされたような衝撃を受けるだろう。

その反対に、『Yes.彼(夫)は私の心の友達(親友)です!』
と発言すれば、兄貴は大変失礼で強烈な発言(お前には親友なんか一人も居ないと強論)を発した(相手を侮辱し続けていた)のだから、土下座してあやまることになりますよ』

 これを聞いた義理の兄貴は烈火の如く怒り、バーベキュー(夕食会)はお開きとなった。

その夫は、『お互いに少々酒に酔ってしまいましたね』と、その場を治めようとしました。

義理の兄貴は『私は酔っ払ってなんか居ない!』と言い放ち、一人車の中で寝る支度にとりかかった。

 夫は寂しさが隠しきれず、その夜,中々寝付けなかった。
妻からの離婚要求拒否し続けるべきかどうか悩んだ。

(大人のイソップ物語、お仕舞い)

2013,8,9、大山宏

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 9日 (火)

久々の散歩--出刃包丁(大人のイソップ-8)

2009、3月13日(金)  夕日が部屋に差し込んで来る時間に、その老人は古新聞の切り抜きの囲碁譜を見ながら碁盤上に白黒の石を並べていた。そこに妻が帰って来た。「たまには運動をした方がいいよ。散歩に行こう。」「・・、そうだね。そうするか。」
 手にしていた碁石を箱に返して、妻と連れ立って近くの公園に散歩に出かけた。「この前のように、勝手に先々歩かないでくれ。散歩なのだから、私のペースに合わせて歩いておくれ。」「半歩下がって歩けばいいのね。」「腕を組めとは言わないが、私と並んで歩いてくれ。足元の花を見たり、山々を見渡したり、ゆっくりと散歩させてくれ。」
 公園の入り口までは、二人はゆっくりと並んで歩いていた。久々の会話がぽつぽつと進んだ。老人は少し打ち解け、最近起こったことを思い出しつつ、胸の内の苦い思い出を断片的に語り始めた。感きわまって目頭が熱くなることもあった。妻の歩速が、早くなった。既に、2歩先を歩いている。( 聞きたくないのか?)
「並んで歩いてくれ。私のそばを並んで歩いてくれよ。散歩なのだから」。2度 3度と、妻にそれを頼んだ。既に夕日は西の空に沈みかけていた。妻は15歩も20歩も先を歩いている。「寒くなったので、先に帰る。」「そうか。私はもう少し散歩してみる。」 『またか』、と思った。
 冬空に暗い夕焼けが広がった頃、老人は重い足取りで自宅のドアを開けた。
「ただいま。」と、ダイニングに入る。妻と目が合う。そこには豹変した妻の姿があった。「何をペラペラとあちこちに言い回っているの。私が狂っているって、あちこちに電話しているでしょう。いい加減にしてよ。」 目は3角であった。
 こんなことが起こるだろうことは公園で予期していた。いつもの事である。義次兄から電話があったらしい。2~3週間前に電話でうっかり「久美子と義長兄の妻とが同じ病気(健忘症)」という話をしていた。義次兄は中学時代の学友でもあって、つい気を許して喋ったのが悔やまれた。その場はなんとか切り抜けた。
 7時頃、夕食を食べ始めた。テレビは点いていたが聞こえない。老人の頭の中は、妻のとげとげしい言葉でいっぱいであった。箸だけが機械的に食器と口との間を往復している。夕膳の焼き魚を半分位食べたところで、老人は急に食べれなくなった。胸が急に苦しくなった。
 慌ててトイレに駆け込み、吐いた。直前に食べたものは、全て吐き出した。それでも横隔膜の痙攣(けいれん)は止まらない。粘液のようなものを”吐いては水洗のコックをひねる”という動作を繰り返した。涙が出るほど苦しかった。トイレにしゃがみこんでいた。
「大丈夫?」
「背中をちょっとたたいてくれ。」1分間ぐらい、妻は背中をたたいてくれた。少し嘔吐(おうと)は納まったように思った。しかしその後、何回もトイレに駆け込み、粘液を吐いた。赤い筋状のものが混じっていた。よく見ると それは"血"だった。胃壁が破れた時の血ではない。多分食道のどこかが傷ついて出血したのであろう。
 30分くらい吐き気は続いた。まだ胸に痛みがあり食欲はなかった。(食台の食べかけの夕食も既に片付けられていた)。老人は寝室の布団に もぐりこんだ。

続きを読む "久々の散歩--出刃包丁(大人のイソップ-8)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 8日 (月)

自殺未遂--記憶喪失(大人のイソップ-7)

自殺未遂?         大山(宏・久美子)・綾(長女)  山本夫妻(御主人・奥様)

2009、3/7 6:50 妻の一言で、朝食が喉を通らなくなった。食卓を叩き付けて、宏は安マンションを飛び出した。背後から「そんな勝手な事をするのなら、死んでやる」という言葉が追っかけて来た。一瞬 宏は ためらった。しかし、引き返せなかった。”怒り”の方が勝っていた。
『ガス栓をひねりかねない(近所迷惑だ)。』『隣りの住人に止めてもらおうか?』『否々、それこそ大騒動が巻き起こってしまう』。頭は怒りで割れそうであった。『そうだ、山本さんの奥様に止めてもらおう。それが一番良い。』と思い付き、百メートル離れた山本邸のベルを鳴らす。朝の7時であった。
 
何度も何度もベルを押す内に2階のカーテンが動き、御主人が顔を覗かせられる。「大山です。朝っぱらから恐れ入ります!」との声に応じて、寝巻き姿のまま玄関口に出て来られた。「奥さんに至急お願いしたいことがあるのですが、。」程なく、寝巻きにガウンを羽織った奥様が出て来られた。
「朝っぱらから申し訳ありません。今、私は家を飛び出して来ました。家内は『自殺する!』と、わめいています。ガス栓をひねりかねないので、大急ぎで家内の所に行ってやってくれませんか?」と言いつつ、マンションの鍵を渡した。20年間、家族同士で近所付き合いをしてきた間柄。寝巻き姿のまま奥様は、マンションの方へ駆けて行かれた。
 御主人が宏を手招きされ、ベランダから応接室に通されて、暫くそこで待機することとなった。お茶を出して下さった。事情を説明する必要があった。出来得る限り冷静に”事のいきさつ”をお話する必要があった。
 小一時間後、山本邸の電話が鳴った。奥様からであった。「車修理を頼んでいた人が風邪を引いていて、修理が済むのにあと5日かかるとのことです。5日後の水曜日の朝、私(奥様)と、久美子さん(妻)とで取りに行きますが、それまで待ってくれませんか?」「分かりました。修理の済んでいない車を"強引"に引き取りに行くのは止しましょう。」という事に落ちついた。
 そうはまとまったが、まだ、マンションに帰る気にはなれなかった(妻とは顔を合わしたくなかった)。タバコを吸いたくなった。気が付くと財布と車のキーは持って出たが、携帯電話もタバコもライターも持っていなかった。
 御主人「私は顔を洗ったり歯を磨いたりと、バタバタしますが、ゆっくりしていて下さい。」「申し訳ありません。ちょっとタバコを買いに行ってきます。御主人は吸われなかったのは知ってますが、ライターか何かどこかにありませんか?あったら一つ分けて下さい。」「マッチがここら辺りにあったはず。あった!どうぞ。」「有難うございます。(こんな朝早くでは)タバコは買えても、ライターは買えません。助かります」。宏は街角の”雑貨店”に向かった。
 近くの小さな公園前でタバコを吹かしているちょうどその時、パトカーがスーッと走って来て、その”雑貨店”の角を、宏の住むマンション方向に曲がって行った。宏は慌てて、街角まで走り、パトカーの行方(ゆくえ)を追った。幸か不幸かパトカーは、マンション前をゆっくりとそのまま通り過ぎて行った。宏はほっと胸をなでおろした。
パトカーがマンション前で止まったら、何がなんでも、走り帰るつもりであった。が、もう その必要もなくなった。
 携帯電話を取りに帰りたかったが、まだ妻と顔を合わせるのは嫌だった。その内に、トイレに行きたくなる。朝飯を食べそびれていたので、お腹も空いてきた。既に8時を過ぎていて雑貨店のシャッターも開いていた。
「ミルクティーの熱いやつある?」「これしかないけど、。」「奥の方が、暖かいかな。」と、触りながらそれを取り出す。店を出て、1口,2口飲んだ所で、トイレに行きたかったことを思い出す。『まあいいや。そうそう、公園に簡易トイレがあった。そこで・・』と、公園に向かう。大人数人と子供達が一緒になって清掃作業が始まっていた。多分ドッチボール練習の準備であろう、かまわず簡易トイレのドアノブを回そうとした。鍵がかかっていた。
『しかたない。付近の雑木林で済ませよう。』と、歩いていった。雑木林でも、人々が清掃作業の真っ最中で、とても"用足し"が出来る雰囲気ではなかった。いよいよ尿意は激しくなって来る。『そうだ。この時間なら公民館が開いているはず。そこのトイレを借りよう。』と、うる覚えのその場所に向かう。
 仕事に忙しくて公民館活動(地域活動)は、全て妻まかせであった。迷った末にたどり着き、用足しを済ませる。時間つぶしに展示室を見て回る。油絵・俳句・陶器などが並んでいて、しばしの暇つぶしは出来た。
 どういう訳か、その公民館でも大勢の人達が掃除をしておられた。「何かあるのですか? 今日は一斉掃除日なのですか?」と、聞いてみた。「公民館祭りです。10時から昼までは”映画”があります。午後からは”エレキギター”の演奏会があります。有料ですが、よろしかったら、どうぞ。」「!来ます!来させてもらいます。暇なものですから。」宏は喜んだ。
これで十分暇つぶしが出来る。』『今 9時40分。山本邸にその後の様子を聞きに行こう。(このまま消えてしまっては失礼だ)。』と思って、引き返した。ちょうど山本夫妻が玄関口に出て来ておられた。
「良いのを見つけました。公民館祭りで暇つぶし出来そうです。」「そうよ。主人はこれからその準備のために、公民館に向かうところ!」「そうでしたか。ところで、久美子(妻)は綾(長女)のところに1泊2日で行くと言ってましたが、既に出かけたでしょうか?」「綾ちゃんの所に出かけられたはずですよ。」「そうですか。申し訳ないけど、ちょっと電話で確かめてみてくれます?」
「いいわよ。電話してみて留守ならいいのね。」と言って奥に引っ込まれる。(しばらくして)、「まだ居るみたい。もうじき出かけるらしいわよ。」「それじゃ、"携帯"を取りに帰るのは止めます。このまま公民館に行きます。」「じゃあね。」
 上映映画は3本立てで、その一本が「ちびまるこちゃん」であった。お母さんが贈答用に買って来た高価なお菓子を、ちびまるこちゃんがうっかり食べてしまって、”うそ”の上に”うそ”を重ねていき、最後にばれてしまって、わーと泣き出すというストーリーであった。
 妙に、家内の行状とオーバーラップしていて、おかしかった。ちびまるこちゃんの如くの結末になることを期待する気持ちも、心のどこかにあったようだった

続きを読む "自殺未遂--記憶喪失(大人のイソップ-7)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

a CATIA 裏技 Intuition Know-how, arcane secret, cheat sheets.相対性原理の真髄 a Wegener's大陸プレート瞬間強制移動説 continental drift theory plate tectonics a プルーム説に異議有. ちょっと考えれば分かる事! a プレート・テクトニクス⇒ 新地球物理学・新地学の創設へ a 地球整形手術の跡」ヒマラヤ山脈もマリアナ海溝も痕跡 a 太平洋プレート瞬間移動の証拠を発見 a 惑星の軌道は楕円』第二焦点の位置に見えない星が存在している! a 断面図でごまかされた「プレートテクトニクス」の嘘 Lied cheated in the section "plate tectonics" a 隕石くらいじゃ恐竜は滅ばない。Meteorite hit much, not about the destruction of dinosaurs. a. 地図(場所)当て遊び。Lied cheated in the section "plate tectonics"(うそ) a. 地磁気⇔プレートテクトニクス⇔見かけのポールシフト a・スノーボール全球凍結は嘘(うそ)空論! a・・ 種の起源と大陸移動説 B エゼキエル書にはUFOがいっぱい!ウソ記事を見分ける方法。ダニエル書~マラキ書 Bible in Acts:使徒行伝の中で天使とUFOを探そう。Search Bible in Mark マルコによる福音書を科学の目で読み解く。Scientific Analysis Bible・・「ヨシュア記」 Bible・・「出エジプト記」 Bible・・改悪された「ルカ書」 Corrupted History・・LUKE Bible内で天使(宇宙人)とUFOを捜せ・・GENESIS、EXODUS B・「マルコ書」新約聖書に在る奇跡の数々。日本語1955版 B・・・天地創造の物語~ヨセフ B・創世記1章~20章、天地創造 Collapse of the Tower of Babelを砂場遊びで確認 CRUSTAL〔地殻存在度〕COSMIC〔宇宙存在度〕Abundances CURL 境界層内での粘性流体計算法:超高速計算理論 d 水銀と白金は金の成り損ね。Mercury, Platinum : detracts from made of Gold. easy Baseball の曲がり方の研究 bends the way research. easy やさしい相対性の説明  easy フィボナッチ実数列。Real Fibonacci numbers easy フィボナッチ数列・Fibonacci sequence real easy 数占いって不思議 easy 算術フィボナッチ easy 簡単な相対性原理説明 easy 音は縦波 光も縦波です electron spin-time Bode's law 電子スピン時間」ボーデの法則」独楽」音階」 F black hole・GPS衛星・時空間・アインシュタイン思想とは f Top 独楽 ブラックホールblack‐hole big-bang-mini fake Dark matter dark energy 暗黒物質 ビッグバン嘘空論 g Arrow of time 時間軸の矢 Equivalent-surface of time : 等時間面 Gravity field 「重力場」 Galaxies colliding.(NASA) Gravity 「重力圏」 schwarzchild Gravitation Heat-island 建白書 Phenomenon. Drastic measures against, Emergency Report K1「氷惑星」目次 K2・灼熱の氷惑星(二章) K3・灼熱の氷惑星(三章) K4・灼熱の氷惑星(四章) K5・灼熱の氷惑星(五章) K6・灼熱の氷惑星(六章) KⅡ氷河・海水準・海進・海退 KⅡ海溝・海嶺・海山・断裂帯 kⅢ・・氷惑星の謎 第Ⅲ部 K・・・氷惑星の解説 LED H/L ヒートシンク」熱対策」 Light 光技術の話・・01-20・「光りと光線はどう違うの?」「楕円」「放物線」「双曲線」 Light 光技術の話・・21-40・「灯具内で光が曲がってる?「演色性・立体角・疑似光源」 Nobel Prize ノーベル賞はあなたでも狙える。[二度とない人生だから]は私の辞書に無い。 o God(神)が最初に吐き出した言葉⇒大和ことば o 「ひらがな・カタカナ」と「ABC」/アラビア文字 o 「ヘボン式分析」アラビア語 French Germany English Chinese Jomon o 「大和ことば」「縄文時代のことば」口承伝説に文字は不要 o 「音声意図学」ヘボン式分析 o ・「アイヌ学」は間違い。日本語にもっと自信を持とう! o. ダビンチコード⇒シュテファンカイザー Political dynamics 政治力学 to give up nuclear weapons President Obama 核宣誓への手紙 Letter from Hiroshima R. ソクラテスの妻・新科学対話 Post Script..あとがき追伸 R・・ 3トン探検団・・宇宙・童話 R・・「楽器達のお昼ね会にて」 S 超能力者 Esper PK 念力 T 哲学・心理学物理学の融合 T 哲学:異常気象の扱い方:心が物を動かしてる物理学 T 心の科学 言霊 音霊 Words; soul; spirit; dwells wavelength T呪殺,言葉で相手を殺す。脅迫。幸せへのノウハウ秘訣 UFOを見る家系, 澄子の回想 U・・田舎の生活・・大人の童話 V・・ギリシャ神話 「ユダヤ人」「トルコ人」(漫画)・・手塚治虫 W ヨーロッパ縦断の旅(前編) W ヨーロッパ縦断の旅(後編) W・ヨーロッパ縦断自転車の旅「僕の前には道はない」(写真) x. 同棲・週末婚・結婚生活 x. 婚活ノウハウ x・・・ボランティア記 x・・東北大震災ボランティア記⇒署名活動(中間報告) Y ジャイアントインパクト「エデンの園があった場所」 Y 古墳の科学的分析、昆虫記 Y 短編 「切腹の美学」「奴隷の手」「時空間疾走(Time-Slip)」 z 「へその館」;高樹のぶ子評 z 「奇妙なゲーム」:Henry Morton Stanley 技術革命 z 「新 ガリバー旅行記」 z てるてる坊主」網戸」 おすすめサイト グルメ・クッキング・介護・ 心と体 文化・芸術 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 福祉行政改革と大統領制への移行提案 趣味 音楽