N 心・・「ノーベル賞はあなたでも狙える」・・短編小説

2015年8月13日 (木)

「ノーベル賞はあなたも狙える(後編)」短編小説・・・常識中の常識=極秘中の極秘

バ婆「そうだった。たまには良いこと言うじゃないか。よしよし、宏のノーベル賞獲得計画を、こっそり教えてやるよ。宏の専門は物理学なんだけど、この物理学賞を獲得するのが一番難しいんだ。
まあ、百年前ならまだ”楽”だったのだけど、今は本人の努力とはまるっきりかけ離れていて、狙って取れる状態ではないんだ。
 論文書いて提出しても、小保方晴子さんみたいに寄ってたかって重箱の底をつつくようにしてあら探しされ、潰(つぶ)されるだけなんだよ。
 そしてその後で、ずる賢い科学者がすました顔で、『私はこれこれこういう風にして、STAP細胞が存在することを証明出来ました!』なんて論文を出して来て、世の評価を受ける話が展開することになるんだよ。
 全部が全部ではないが、そういう事実が歴史を詳細に調べると多いこと、多いこと。」

ギ兄「またまた問題発言だ。危ない危ない」。
バ婆「心配は無用にしてくれ。私はバイオリンの精だけど、魔女でもあるんだから、おめおめと捕まって火あぶりの刑なんて今更受けないよ。
 第一、時空を超越した存在の者を、誰がとっ捕まえることが出来るというんだね。イエス・キリストを今更捕らえて茨(いばら)の冠(かんむり)を被せられるか? マホメットをとっ捕まえて、みんなの前で跪(ひざまづ)かせることが可能か?
 空海や親鸞聖人が目の前に現れて来るかも知れないが、彼らを縄で縛って、自分勝手な主張を押し付けた人がいたか?これこそ『 釈迦に説法 』だけどね。」

ギ姉「なんか、バイオリン婆さんの話、欺瞞(ぎまん)に聞こえて来たわ。感情的にならずに話してよ、真面目に聞くから」
バ婆「そうだったな。現在宏は物理学賞を受ける内容は持っているが、大学に席を置いている訳ではないから、物理論文を提出するのは不可能に近いんだ。小保方晴子さんは研究機関に属しているからネイチャーに投稿出来るんだよ。
 知ってるか? ネイチャー投稿の為には、年間購読料が50万~60万円かかるんだよ。大学や研究機関に属していれば、その組織が購読料を払ってくれているから投稿できる。しかし、宏はボランティア乞食(無給)だから、そんな購読料なんて馬鹿らしくて払えないわな。 そこで次に考えたのはノーベル医学賞だった。

宏は念力を、意識的に使えるようになったのは、極最近(約一年前)からだけど、自分の身体を直すのなんかは、高等学校年生から、意識的に出来るようになっているんだよ。」
ギ姉「それって、どんなきっかけから?」
バ婆「また横道にそれるのか。 まあいいか。
中学を卒業する直前にね、宏は結膜炎という病気にかかっていることを、村の眼科医から知らされた。高校は広島市内の観音高校に決まったが、下宿先は皆実高校近くの皆実町に、既に決まっていた。だから結膜炎の治療のために、広島市皆実町の田中病院という有名な眼科医の所に通い続けたんだ。
 県単位で見ても、国単位で見ても、超有名な眼科医だったので、待ち時間が毎回1時間以上なんだよ。週一でも、高校生1年生にとっては大変な負担なんだよ。
  そうやって、毎週毎週通い続けたのだけど、結膜炎という目が赤くなる病気が一向に治らないんだ。不信感を抱いた宏はある日、その名医に向かって問いただしたのだ。
『 先生、私の病気は治らないじゃあないですか。一生治らないような気がしてきました。先生は治療方法を間違えておられるのではないですか?』って聞いたんだ。
そこで弁慶少しも慌てずで、その天下に有名な田中眼科医院の先生は、穏やかに宏に話したのだそうだ。

続きを読む "「ノーベル賞はあなたも狙える(後編)」短編小説・・・常識中の常識=極秘中の極秘"

| | コメント (1)

2015年8月11日 (火)

「ノーベル賞はあなたも狙える(前編)」短編作品6・・後日談。フリ-ズ。事実は小説よりも奇なり

 「世間では青色LEDのノーベル賞”受賞で持ちっきりだけど、その受賞者の一人、中村さんと宏とは、電話で数10年前に話したことがあるなんて、誰も知らないよな。多分、中村さん自身も忘れておられるだろうけど。」とは、お喋べり好きのバ婆(バイオリン婆)さん。
 今日も、お昼ね会場【臍(へそ)の館】で大講談会をやっています。
 何せ、暇を持て余せている連中ですから、ついついその話にギター姉さんも、ギター兄さんも乗って行きます。「何時ごろ、何処での話だよ?」とはギ兄。

バ婆「宏が光の専門家だったことのは覚えているかい?もう忘れたのかね、ギ兄は物忘れの専門家だね。ついこの間、モーターショウの話しただろう、シカゴからシスコ(=サン・フランシスコ)まで一緒だった豪州政府の高官に、お釜掘られそうになった話の時だよ。」
ギ姉「笑いっぱなしで、忘れてたけど、あれと、この青色LEDと、どう結び付くというの?」
バ婆「そもそも、アメリカまで何しに、会社が宏を論文発表に行かせてくれたんだ?」
ギ姉「何だったっけ?後のシスコの話が傑作だったもんで忘れちゃったよ、お釜を掘られそうになった騒動の話の続きは?」
バ婆「今から高尚なノーベル賞の話をしてやろうとしてたのだけど、ショウもない連中だな。まあいいか。そっちの話をかたずけてからにするか。」

「それで、ホテルを飛び出してからどうなるんだい。真夜中なんだろう?」
「散々二人で飲み歩いて11時過ぎにフィシャーメンズワーフ(波止場)ホテルに入って、あの騒動なんだからホテルを飛び出した時刻は当然、深夜さ。12時半だよ。
 波止場だよ。
有名観光地ではあっても、アメリカの真夜中。しかも、港町だよ。流石の宏もちょっと考えたね。まあタクシー拾ってからが問題なんだよ。 何処に連れて行かれて身包み剥がされるか、分かったもんじゃないからね。下手すりゃあ殺されて、海の中にポイと捨てられかねない。  何時だったか、
 『フリーズ(手を上げろ)』が分からなかった遊学中の坊やが、ライフルで撃ち殺された事件だってあったじゃないか」
ギ姉「そんな事件があった、あった。そんな経験、宏もするの?」
バ婆「そこで撃ち殺されて、海の藻屑と化していたなら、そこでこの話はすべてお仕舞いだよ。 上手く対処して無事、サン・フランシスコ空港近くのホテルに辿り着けたのさ。主人公が宏だからね。 波止場からシスコ空港までは タクシーで30分~40分はかかるのだよ」。

「焦らさないで、展開をすっきり話しなさいよ。また尻切れトンボになるわよ」
「そうだったな、ノーベル賞の話に、最後には辿り付けなけないと、バ婆の責任問題になるでな。タイトル(題)も変更しなければならなくなるしね。
 タクシーに乗り込んで、まずは、『 自分が、酔っ払ってはいないゾよ』という演技が必要なんだ。
その次は、『(度々このシスコに来て波止場で飲んでるので)、空港のホテルまでへの道には詳しい』という事を英語でそれとなく、匂わさなければならない。
 情報は10時間前に仕入れてある。バスから充分ゆっくりと観察して来ていて、抜かりは無い。たった一回来がけに見ただけだけどね。バスで空港→フィ港までは1時間以上かかる。ゆっくり見て来てる。」
ギ兄「早く、その次話せよ」。
バ婆「それだけの話だ。無事ごまかして、ホテル玄関先に降り立つことが出来た。ただそれだけだよ。」
「な~んだ、つまんない。時空トンネルに飛び込んで、危うく危機を回避するのかと、期待してたのに。つまんねーよ。」
ギ姉「ギ兄、無責任なこと言うな。御主人様(宏)が無事だってよかった!」

後日談があるんだよ。帰国してから当然、社内外の友達にこの話をするだろう?それを聞いたある悪友が、宏に向かって、『 宏、それは失礼なことしたな。そこまで相手に金を使わせたのなら、別に減るもんじゃ無いんだから貸してやれよ。それが国際サービスというもんだぞ」と、宏に指南・指導したとのことだったとさ。」(中学生以下は分からんでよろしい!苦労するんだよ映倫カット対策には)
ギ姉「それでもまだ物足りないなあ。どうせ小説なんだから、殺人事件でも、強盗事件だって、作ればいいじゃないか」。
「無責任なこと言うもんじゃないよ。ついさっき、御主人様宏が御無事で良かった!って、感激してたくせに。まあいいか。
でもね、話はこれからだ。
 大昔、高橋敬三とかいうアナウンサーがいてね(NHKラジオ放送だよ)その口癖が、『事実は小説より奇なりと申しまして』と話し始める番組があった。
突飛&奇想天外な事があっても、それを正確に伝えると、信じては貰えないんだよ。だから、『さもありなん』と思われる範囲内に、小説は事件を弱めて書くように、作家達は皆、頭を悩ましていなさるのだよ、これ本当の話だ。
 考えてもみろよ、チラッと見せるから興味もそそるし色気も出てくる。『はいどうぞ』とばかり開けっぴろげられたらゲロ吐いちゃうよ。

 それで宏の悪友のことなんだけどね。それから10年後(今から20年前)に、50歳の若さで死亡するんだ。現職総務部本部長としてね。」

ギ姉「それって、本当の話?」
バ婆「ウシオ電機に電話かけて聞いてみろ。『はい、確かにそういう人がおりまして、社葬扱いで手厚く葬りました。まことに残念な次第でした』って話ししてくれるから。
どうだい、少しは涼しくなったかい?」
ギ兄「涼しくなり過ぎだよ、バ婆。寒い!」
ギ姉「本当に宏の周りでは奇怪な事件が多発するのね、昔から。怖わあ!」
バ婆「お前ら二人、ようやく目が覚めたようだし、バイオリン爺さんや琴婆さんは御老体だから、そのまま寝かせておいてやって、ノーベル賞の話に移るかな」。
「ウクレレ坊やは?」
「勝手に遊ばせててやりな、どうせノーベル賞には縁の無い坊やさ。」
「・・・?、という事は、我々二人はノーベル賞を取れる可能性があるって事?」
「そうなんだよ。ちょっと頭を使えば、ノーベル賞は取ることが出来るんだよ。
 
真面目に魔法使いのバ婆の話を聞く気になったかい?
じゃあ始めるか。本当に真面目に聞くんだぞ。
まずは質問だ。ノーベル賞には何々あるんだか、挙げてみな。」

続きを読む "「ノーベル賞はあなたも狙える(前編)」短編作品6・・後日談。フリ-ズ。事実は小説よりも奇なり"

| | コメント (1)

その他のカテゴリー

Bible in Acts:使徒行伝の中で天使とUFOを探そう。Search Angel(alien) and UFO | Bibleを科学の目で読み解く。Scientific Analysis・・MARK | Bible・・・ヨシュア記 | Bible・・・出エジプト記 | Bible・・改悪された「ルカ書」 Corrupted History・・LUKE | Bible内で天使(宇宙人)とUFOを捜せ・・GENESIS、EXODUS | B・・・エゼキエル書にはUFOが | B・・・天地創造の物語~ヨセフ | B・・・新約聖書に在る奇跡の数々「マルコ書」・「ルカ書」 | CATIA裏技、3Dノウハウ、CAD intuition Know-how, arcane secret, cheat sheets | F black hole・GPS衛星・時空間・アインシュタイン | F ブラックホールblack‐hole 独楽Top big bang mini | F‥重力場・gravity field Galaxies colliding.(NASA) | Fフィボナッチ実数列。Real Fibonacci numbers | Fフィボナッチ数列・Fibonacci sequence real | F・・dark energy・ビッグバンbig bang うそ空論 | F・・「時間軸の矢」「等時間面」Arrow of time, Equivalent-surface of time | F・・「電子スピン時間」・・・・「ボーデの法則」 | F・・重力圏・・gravity schwarzchild Gravitation | G・やさしい相対性原理の説明 | G・・やさしい相対性の説明 | H ヒートアイランド対策 Drastic measures against heat-island phenomenon. | H ヘボン式 音声意図学 フランス ドイツ 英 中国 アラビア語 French Germany English Chinese Arabic Jomon 縄文 | K プルームテクトニクス?⇒新地球物理学・新地学の創設へ | K プルーム説に異議有-7 ちょっと考えれば分かる事! | KⅢ・・氷惑星の謎 第Ⅲ部 | K・・1・・・氷惑星(仮説への道) | K・・2・・灼熱の氷惑星(二章) | K・・3・・灼熱の氷惑星(三章) | K・・4・・灼熱の氷惑星(四章) | K・・5・・・灼熱の氷惑星(五章) | K・・6・・灼熱の氷惑星(六章) | K・・・・・・・・・氷惑星の解説 | K海水準・海進・海退・氷河 | K海溝・海嶺・海山・断裂帯 | K隕石衝突では恐竜は滅ばない。NASAも時々嘘つく | L 境界層内での粘性流体計算法・・CURL。超高速計算法 | LEDヘッドランプ・・熱対策、ヒートシンク | Light 光技術の話・・01-20・「光りと光線はどう違うの?」 | Light 光技術の話・・21-40・「灯具内で光が曲がってる?」「演色性」 | Light 光技術の話・・41-60 ・・・・「一流とは?」 | N 心・・「ノーベル賞はあなたでも狙える」・・短編小説 | N 心・小保方晴子は本人知らずの超能力者 Esper,PK,念力 | N 政治を力学するノウハウ。核廃絶は可能 | o・政治力学・オバマ大統領へのお手紙 2016 9.19 ・・核宣誓 | o・音声意図学とヘボン式分析 | P・・ 種の起源と大陸移動説 | P・・・  算術フィボナッチ | S・・ スケーリング・・哲雄の講演メモ「新 ガリバー旅行記」 | S・・ スノーボール全球凍結は嘘(うそ)空論! | S・・ ソクラテスの妻・・新科学・・・対話 etc. | T 哲学・心理学物理学の融合 | T 地図(地形・場所)当て遊び | T 地球整形手術の跡・ヒマラヤ山脈もマリアナ海溝も痕跡 | T 地磁気⇔プレートテクトニクス⇔見かけのポールシフト | Wegener's大陸プレート瞬間強制移動説 continental drift theory plate tectonics | X・・「奇妙なゲーム」猫の鈴:Henry Morton Stanley革命 | X・・アイヌ学とキリスト教 | X・・ヨーロッパ縦断・自転車 ・・「僕の前には道はない」 | X・・ヨーロッパ縦断・自転車1 | X・・ヨーロッパ縦断・自転車2 | Y 同棲生活・週末婚・結婚生活 | Y 婚活ノウハウ | Y 心…自殺未遂、刃物 | Y 心の科学・・・「羊と鋼の森」言霊・音霊 be on the same wavelength. Words have a soul and a spirit dwells. | Y 数占いって不思議 | Y・・ 澄子の回想 | Y・・ギリシャ神話 「ユダヤ人」「トルコ人」(漫画)・・手塚治虫 | Y・・田舎の生活・・大人の童話 | Y野球ボールの曲がり方研究 | Z・・ 3トン探検団・・宇宙・童話 | Z・・「楽器達のお昼ね会にて」 | Z・・・・「小鳥」「てるてる坊主」 | Z・・・・ボランティア記 | Z選考・・短編小説「へその館」 | おすすめサイト | グルメ・クッキング | 心と体 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 趣味 | 音楽