Collapse of the Tower of Babelを砂場遊びで確認

2014年7月 7日 (月)

バベルの塔の崩壊 Collapse of the Tower of Babel を砂場遊びで確認しょう, in the sand pit play sure would be.

2019 02/23 renewal bilingual by Hiro. Oyama
 北極点に白石を一つ置いたあと、その周りに密着して並べて行くと、これだけの碁石で北半球がおおわれるのでしたね。
 It was placed one-stone on the North-pole, and then stuck around and go side by side, covered with stones it's northern hemisphere, isn’t it?
121824写真1 地球表面に碁石を密着置きで並べて行くと、こうなります。いつのまにか赤道面に沿って碁石を敷き詰めているのがやってみると納得できますよ。Photo 1 go in community placing stones on the Earth's surface, this is. You can be convinced to try that before one is aware that lay the stones along the equatorial plane.ooo(^o^)oooIt was at the Equator just lined with stones. It's actually not in the corner. You can see if you try "as explained previously. The same thing was arranged in the equatorial section.
 
赤道にちょうど、黒石が並ぶのでした。実際に、角にはならないんです。
 
やってみれば分かる」と、以前に説明しました。 赤道断面に並べても同じ事でした。

続きを読む "バベルの塔の崩壊 Collapse of the Tower of Babel を砂場遊びで確認しょう, in the sand pit play sure would be."

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 1日 (火)

Kz12、六芒星を同心円状に並べ直すと宇宙が見えて来る

  六芒星とはユダヤマークとして有名ですが、日本の占い師さんの胸にもひっそりと輝いているのは知っていますか?
その多くは円(球)で回りを取り囲んでいます。
高いんですよ、1個、30万円で手に入れたとか・・・。
---mayao(^o^)oyama---
 それはともかくとして、
六芒星マークは、正三角形をひっくり返しで重ね合わせて図案化されています。
その頂点を結び合わせると正6角形ができます。
凸凹を取り除くべく円周状に並べると、なんと銀河宇宙の渦巻き が見えて来るのです。
今日は、そのお話を絵本の如くにやってみましょう。
121824
 北極点に白石1個を最初に置き、順次周囲に細密パッキングで敷き詰めて行くと、
10周目目で赤道面に到達するのでしたね。
 次の写真では、並べる手順を示してあります。
Photo

最初に白石を1個、その周囲に左巻きに黒石を並べて行きます。
一杯になったら、白石で順次取り囲んでいくのです。
そうしたら、最後には赤道面に接する形になったのでした。
写真の奥に、地球儀と並べて、見事な六芒星(6角形が
出現してますね。
Photo_2
 拡大写真です。
手前の金色の鎖で、並べる手順を示してみました。
121824_2
 最外周の黒石の並びが赤道面にピッタリ接して並んでいるのですが、
ちょっと分かりにくいですね、
 同心円に修正してみたのが次の写真。Photo_3
 六芒星が見えて来ましたね、分かりますか?
南半球は、白黒逆転で同形の六芒星で覆われるのです。
みごとでしょう!
照明光の効果で、少しふくらんで見えるのが”みそですよ。
---mayao(^o^)oyama---

続きを読む "Kz12、六芒星を同心円状に並べ直すと宇宙が見えて来る"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月30日 (月)

Kz10、〔330/7.5x8.3=365.2〕が一番簡便、各定数を記録

 数占いから算出された1秒を完全として、逆算で出した値、
365.24219÷44=8.300958864分で太陽光線は地球に届く!
と判定した方が妥当・・・
との記事を昨夜書きました。ここではまず、理化学辞典の記載:
 1回帰年31556925.9747秒(sec)
 1日は2014年のグリニッジ標準時間で、
24〔h/日〕*60〔分/h〕*60〔秒/分〕=86400〔秒/日〕
31556925.9747〔秒〕÷86400〔秒/日〕=
=365.2421987 と、お馴染みの数値。

 問題はこれからです。
この数値を、44で割り算すると、8.300959062
が出て来ます。有効数値が7ケタ、8ケタ目が丸められているのだ、と掴めました。



この数値でZがどんな値になるか調べてみましょう。

330(step/年) ÷7.5(回/秒) * Z =31556925.9747秒
と置いて Z を逆算すると、
Z=12750.27312 が1ステップと求まります。
12750÷60      = 212.5
12750.27312÷60= 212.504552
12750.27312÷12750=1.000021421
Z=12750 としても、0.002%の誤差しか発生しません。

7.5回/秒の厳密数値は、
光速度÷(赤道上一周距離)=
=29.9792458万Km/秒÷(2π*0.63784万Km)
=29.9792458÷(4.0075556)
=7.480681378回 
7.5÷7.48068x100=100.258%!??
+0.26%は大きすぎるんです。
参考までに、計算してみましょう。
330÷7.48068 x 8.30=366.14日
約1日のズレが発生してます。

これは地球の半径をどう扱うかの問題でしょう。
極半径 6356.9Kmを用いたのでは、逆にもっと大きなずれが発生します。
光速度÷(極半径使用の赤道上一周距離)=
=29.9792458万Km/秒÷(2π*0.63569万Km)
=7.50577回

自転周期が約45日と小さい太陽
太陽の半径は、6.96x10^5 Km(理化学辞典)
光速度=29.9792458万Km/秒

続きを読む "Kz10、〔330/7.5x8.3=365.2〕が一番簡便、各定数を記録"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Kz-9、1回帰年は数占いから算出できる!

 回帰年とは、1年 = 365.24219・・平均太陽日の事です。
この値、100年毎に 0.00000614日ずつ小さくなっていくとのことです。
昨年でしたか、ニュースで1秒の修正がなされたとの報道がありました。
きっと、このことでしょう。
ちなみに、1900年1月0日の回帰年の値は
365.24219878平均太陽日だったそうです(理化学辞典)

 現代では誰もが知っている1年=365、24219日
の数値は実は、数占いから、簡単に出て来るのです。

330日(12⇒10進数変換値)を簡便的には√(1.2)倍
すればいいと先日、紹介しましたが、
今日はもう少し詳しく、
〔地球⇔太陽間の距離〕=1天文単位=1.495億Km
   を使って算出して見せましょう。

 地球の1周は、4万Km(となるようにメートルは定められた)
光のスピードも30万Km/秒もそのまま使いましょう。
そうすると、30万〔Km/秒〕÷4万Km=7.5〔回/秒〕はそのままです。

330(日/年)÷7.5〔回/秒〕=44 で綺麗(きれい)に割切れます。
1.4950万Km÷30万〔Km/秒〕÷60〔秒/分〕=8.3055555分
で、お馴染み(おなじみ)の数値、8.3分が出て来ます。

これを44倍すると、
   44x8.3    = 365.20
   44x8.3056= 365.44
   44x8.301 = 365.244
   44x8.3005= 365.24222

頃合いの値が出て来るでしょう
~mayao(^-~)oyama~

続きを読む "Kz-9、1回帰年は数占いから算出できる!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月29日 (日)

Kz-8、1年は54週:330日(12進数を10進数に変換処理)

6

 この写真には地球儀と碁盤が撮してあります。
今から何をしようとしているか、わかりますか?
実は、【ジャスト2年で 地球の裏側に到達する方法】を
説明してあげようとしているのです。
ジェット機で飛んで行くのではなくて、てくてく歩き です。
 しかも、
北極から渦巻き状に しらみつぶし に歩いて行き、
赤道面を越えた後も、そのままず〜っと東に
 向かって歩き続けるのです。
 独楽(こま)回しで遊んだことありますね、独楽を廻すために紐(ひも)を巻き付けるでしょう、あれと同じような巻き方を地球儀でやってみるのです。先生は同じことを白黒の碁石を使って数えてみました。o(^-^)o
Photo
 最初に真ん中に白石を置いておき、その周りに黒石を隙間なく並べると6個です。次の周(=週)には白石が12個並び、更にその外周には黒石が18個…と並び9周目で54個が並んで赤道面に到着しました。
121824_2
 最初からの碁石総数は330個 で到着です!
[ 330日 だけど解説は後でね o(^-^)o ]
 気がつくと、横着して真西に向かって同時に出発した友達と、バッタリ と 出逢ったのです!(鉢合わせです) 彼は、真正面の方から真西に向かってやって来ました。でも私は今後もばか正直に東 に向かって歩き続ける予定です。
 北極から赤道面までは54個でした。 ですから、計算通り 54 x 2 = 108個 の碁石が並んで南極点に到着しました。 もちろん同時に、《 真西を目指した友達と同時刻 に到着したのです 》     
北極点を出発してからジャスト2年 が経過してます。この分だと後(あと)2年かければ、ちょうど4年北極点に帰り着けますね。
みなさん、除夜の鐘108つが1年に対応しているってのが納得できましたか?
同時にひたすら西進した友達とバッタリ南極点で遭遇した意味も分かりましたか?
 時間って本当に正確に進むんですね、
       アインシュタインさんはえらい!Photo_4~o(o^o^)o~

続きを読む "Kz-8、1年は54週:330日(12進数を10進数に変換処理)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月22日 (日)

第80話、ドラえもんが宇宙で写真を撮っています。小保方晴子さん頑張れ

1
 IK先生、T先生、K先生・・・
 先日はお忙しい中、突然に失礼しました。
〔 お返事が頂けなかった亊がお返事だ!〕と解釈し、
 枕と2晩相談しましてブログ記事を修正して置きました。

お陰様で、ドラえもんも登場する子供向けの記事が出来ました。
 大山宏      o(^-^)o 
お陰様で良い記事に仕上がりました。感謝です。
ドラえもんの足
が写ってますから、上から見た絵ですね。
足の下は、空飛ぶじゅうたん にも見えるかな?
お陰様で良い記事に仕上がりました。感謝です。
光が1年かかって届くところにある星に向かって
いろんな方向から光が届いています。
白い点の並びが光線ですよ。
一定スピードで進んでますね。
お陰様で良い記事に仕上がりました。感謝です。
太陽系のある辺りから、見るとこんな具合です。
あの星のあたりに、光が集中して行ってますね。
もっと近づいて、いってみましょう。
Photo
なあんだ、最初の写真と同じじゃあないか・・!
とわかりましたか?

続きを読む "第80話、ドラえもんが宇宙で写真を撮っています。小保方晴子さん頑張れ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月20日 (金)

第79話、ドラえもんからのプレゼント:天球儀:光は曲がる:明快なモデル

 この絵は、
Photo_2
 地球から1年かかって、ある星に、ようやく到着したところを絵にしてみました。
ここに【先生の足】が写っていますから、真上から撮った写真だなとわかりますね。
この絵を真ん中の光線方向から見たら、 以下のように見えますね!
1
 少しだけ斜め上から眺めるんですよ。そうしたら、あなたが今見ている方向から来た光も少しずつ進んでいるのがわかりますね。

 こんな方向から見ても、左右方向から近づいていく光は上から見た時と同じスピードで進んでいるんだろうなって想像できるでしょ。
o(^-^)o

 左右真横から星に近づいてくる光なら、あなたが見ている方向からは、上から見たスピードと全く一緒に見えますね。上下方向から近づいていく光も、一緒のスピードで
 その星に向かっているように見える!

 そう、アインシュタインという偉~い先生も、つい最近気が付かれたようだけど、
光のスピードはこの世界では、どの方向に進んでも一定のスピードで進むのよ。
どうしてだと思う?

 それはね、えらーい神様が{光を最初に}創造されたから。光のスピード(長さ÷時間)を先に一定に定めた、時間の方を一定リズムで決められた。
 そのリズムに合わせて、長さの方を作られたのだから。

~ (^o^)~

続きを読む "第79話、ドラえもんからのプレゼント:天球儀:光は曲がる:明快なモデル"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月13日 (金)

Kz-4、地動説よりも天動説の方を科学は支持しつつあります!

概要:非ユークリッド幾何学など高等数学を用いないで、アインシュタインの思想「時空間は曲がっている。光速C一定の原理」などを小中学生にも分かる形で説明しようとしています。

 現代科学は天動説の正しさを証明するに至った!
と言ったら
あなたは笑われますか?冗談で言ってるんじゃないんですよ、
私(大山宏)は大真面目で、それを説明しようとしています。

 しかもそれを中学生/高校生にも納得してしまう説明でやってしまおうとしているのですから、ある人々からは『気が違っている』と思われるても不思議じゃありません。
 アインシュタインさんが聞かれても、さぞやビックリされるでしょうね。

 彼の主張【光は1秒間に30万km進み、その光のスピードは我々の住んでいる世界の中では一定である!】
という主張は、今や現代の全科学者が認めていますが、
これを我々3次元空間に住んでいる人が納得できるモデルで表したものは、
天動説と瓜二つ だったのです。
 論より証拠で、まずはその実証モデルを見せましょう。
Photo_4
これは
”光が数年かかってようやく届く距離に位置している星に向かって、
  地球から発した光がその星に届く直前の様子をモデルで示したたもの”です。
この写真を取る準備に半日かかったんですよ、
ハレーションを起こしているのは携帯電話会社の責任(笑)です。

 上〔面直方向)から見ると±45°方向から光が到達しようとしています。
等速度で進んで来ている光が(この写真では)左右から近づいているように見えますね。

 『当たり前じゃないか、バカ馬鹿しい、』なんて思わないで下さいよ。
数千年前からちょくちょくこの事を指摘する人は何人かいて、
ある時代にこれをモデル化して説明したのが、天動説 だったらしいのです。

 天動説に持ち出される天球のサイズは〔光が一年間に進む距離〕を半径としています。
この球内部では光は、どの方向に進んでも1年かければ光は届きます。
2年あれば、その反射光線は地球に戻って来る計算です。
面白いことに(この球内空間世界では)、
”天球面に非常に近い点から面直に飛び出した光は2年すると天球面に届く のです。
 光が広がっても、曲がっても、かけると天球対面に届く!
北に向かって発射した光が最終的に90度方向に曲がって到達した場合でも、
    調べてみたら〔1年半弱? 〕かかっている。

それではと、45度方向に光を発射してみるとどうか?

 実験してみると、ジャスト1年間で届いた!ということになります。
光の速度が一定であるということはそういうことなんです、
ねえ、そうですよね、アインシュタインさん!

続きを読む "Kz-4、地動説よりも天動説の方を科学は支持しつつあります!"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年6月12日 (木)

第78話、108つ考えてたら アインシュタイン が顔出して来た?

 108ッの話を一旦おいて、他の記事をと考えてましたが 不親切ですので、解答しておきます。 添付写真は囲碁の碁盤の上に、真ん丸の球を置いたものです。
Xyz
 中央の玉は地球と捕らえて観てくれてもいいし、太陽系全体が凝縮されている。
と考えて頂いても結構です。その無限に広がっている世界を縦横高さ方向に分割し、遊びの道具にしたのが囲碁というゲームなんです。

 縦横それぞれを19分割してあるので、全部で361の升目があります。
1年間365日に近いので好き!という囲碁ファンもいます。
今は升目ではなくて、体積を持った小升の数に着目して下さい。
 全部でいくつ小升がありますか?
そうです。
20 x 20 x 20 = 千個 の小升目がありますね。
この升全体が球に押し込められている!
 と想定して世界が出来ているのです。
”108っは除夜の鐘”を算出するためには、つの部分(象限)に分かれている1つ、の象限(1千個)について考えればいい。
即ち、キュービックゲームのキューブ各辺分割を各9分割したと考えるのです。

 そのキューブのある頂点から真反対側にある頂点まで、辺沿いに升の数を丹念に数えていけば、 煩悩の数:108っが出てきます。
丁寧にやれば小学生でも数えられる算数ですが、
(お忙しいあなたのために)簡単に算出して見せましょう。
サイコロの辺の数は上下面に4本づつ、東西方向ぐるっと一周方向に、4本平行してありますから合計12本あります。 一方、頂点の数は8点であり、対角点通しをセットで考えると、4セットです。
 一辺進むのに最低でも9升通らなければいけません。
XYZ方向を一回ずつ通ると、隣り合わせの升は27個。
これを4(セット)倍すると
見事、108っが出て来て めでたし愛でたし♪ 
 立方体世界を球に押し込めた世界とは、実は非ユークリッド幾何学世界のことなのです。”その球内部に居る人達はどの方向に進んでも、同じ距離だけ時間が掛かる”、
ということ。
球の中心に居たひとは球の中心から球面に到達するまで、どの方向でも同じ時間が掛かるでしょ!
  同様に、球面にごく近い升からこれまた球面にごく近い升まで、通る升数に比例した時間がかかるということ。

 この球内世界では
 E=MC^2乗(アインシュタインの世界)
が成り立っているんですが、疲れたでしょう、
続きはまたにしましょうね。
    お休みなさい。
                        大山 宏

続きを読む "第78話、108つ考えてたら アインシュタイン が顔出して来た?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月10日 (火)

あなたの運命と栄枯盛衰:Faded glory and your destiny is with repeat cyclically.サイクリックに繰り返しています。

6/16 is my birthday, by a fortune teller, "16 is  1 plus 6, then the 7 and watch. 7 is 3 and 4 to break down, Step 3 first began as a 123, 123, 1, I think." And taught me. I see...!
私の誕生日は616日ですが、ある占い師さんが、『'16 ' '1' '6' とを加えて '7' と観るのです。'7' は更に、3 4 とに分解し、1231231 として、3 つ目の新たな一歩が始まったと考えます。』と、教えて下さいました。 なるほど。。。!
 そこで数遊びです。例えば 25日生まれの人は、2+5=7ですね。 7日生まれの人はもちろん、7です。 整理してみましょう。

There is a number of play.
 For instance a person born on 25 is 2 + 5 = 7. 7 of course, people born in seven days. Let's organize.
1: 01101928 48
2:
 02112029 47.25 回 ∵閏年:Leap is 1 in 4.
3:
 03122130 47回 ← 2月に関しての閏年も影響無
4:
 04132231 43回 ⇒ 2,4,6,9,11月は、短い月。
5:
 051423  36回 ~ 5 is divided(分解) to 3 and 2
6:
 061524  36回 ~ 6 is divided(分解)  to 3 and 3
7:
 071625  36回 ~ 7 is divided(分解)  to 3 and 4
8:
 081726  36回 ~ 8 is divided(分解)  to  3,3,2
9:
 091827  36回 ~ 3 cycles at the end is never.
――――― 合計 365.25 -----------
 なんとなく回数のバランスがとれていますね。最高は'' 48回であり、平均的には、4041回、合計回数は 365.25 であり、1年間の日数です。
 ついでに並べておくと、
1
23月, 456月, 789月,101112
 3 + 3 + 3 + 3 = 12か月
これって、60進数の考え方じゃあないですか!

続きを読む "あなたの運命と栄枯盛衰:Faded glory and your destiny is with repeat cyclically.サイクリックに繰り返しています。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

a CATIA 裏技 Intuition Know-how, arcane secret, cheat sheets.相対性原理の真髄 a Wegener's大陸プレート瞬間強制移動説 continental drift theory plate tectonics a プルーム説に異議有. ちょっと考えれば分かる事! a プレート・テクトニクス⇒ 新地球物理学・新地学の創設へ a 地球整形手術の跡」ヒマラヤ山脈もマリアナ海溝も痕跡 a 太平洋プレート瞬間移動の証拠を発見 a 惑星の軌道は楕円』第二焦点の位置に見えない星が存在している! a 断面図でごまかされた「プレートテクトニクス」の嘘 Lied cheated in the section "plate tectonics" a 隕石くらいじゃ恐竜は滅ばない。Meteorite hit much, not about the destruction of dinosaurs. a. 地図(場所)当て遊び。Lied cheated in the section "plate tectonics"(うそ) a. 地磁気⇔プレートテクトニクス⇔見かけのポールシフト a・スノーボール全球凍結は嘘(うそ)空論! a・・ 種の起源と大陸移動説 B エゼキエル書にはUFOがいっぱい!ウソ記事を見分ける方法。ダニエル書~マラキ書 Bible in Acts:使徒行伝の中で天使とUFOを探そう。Search Bible in Mark マルコによる福音書を科学の目で読み解く。Scientific Analysis Bible・・「ヨシュア記」 Bible・・「出エジプト記」 Bible・・改悪された「ルカ書」 Corrupted History・・LUKE Bible内で天使(宇宙人)とUFOを捜せ・・GENESIS、EXODUS B・「マルコ書」新約聖書に在る奇跡の数々。日本語1955版 B・・・天地創造の物語~ヨセフ B・創世記1章~20章、天地創造 Collapse of the Tower of Babelを砂場遊びで確認 CRUSTAL〔地殻存在度〕COSMIC〔宇宙存在度〕Abundances CURL 境界層内での粘性流体計算法:超高速計算理論 d 水銀と白金は金の成り損ね。Mercury, Platinum : detracts from made of Gold. easy Baseball の曲がり方の研究 bends the way research. easy やさしい相対性の説明  easy フィボナッチ実数列。Real Fibonacci numbers easy フィボナッチ数列・Fibonacci sequence real easy 数占いって不思議 easy 算術フィボナッチ easy 簡単な相対性原理説明 easy 音は縦波 光も縦波です electron spin-time Bode's law 電子スピン時間」ボーデの法則」独楽」音階」 F black hole・GPS衛星・時空間・アインシュタイン思想とは f Top 独楽 ブラックホールblack‐hole big-bang-mini fake Dark matter dark energy 暗黒物質 ビッグバン嘘空論 g Arrow of time 時間軸の矢 Equivalent-surface of time : 等時間面 Gravity field 「重力場」 Galaxies colliding.(NASA) Gravity 「重力圏」 schwarzchild Gravitation Heat-island 建白書 Phenomenon. Drastic measures against, Emergency Report K1「氷惑星」目次 K2・灼熱の氷惑星(二章) K3・灼熱の氷惑星(三章) K4・灼熱の氷惑星(四章) K5・灼熱の氷惑星(五章) K6・灼熱の氷惑星(六章) KⅡ氷河・海水準・海進・海退 KⅡ海溝・海嶺・海山・断裂帯 kⅢ・・氷惑星の謎 第Ⅲ部 K・・・氷惑星の解説 LED H/L ヒートシンク」熱対策」 Light 光技術の話・・01-20・「光りと光線はどう違うの?」「楕円」「放物線」「双曲線」 Light 光技術の話・・21-40・「灯具内で光が曲がってる?「演色性・立体角・疑似光源」 Nobel Prize ノーベル賞はあなたでも狙える。[二度とない人生だから]は私の辞書に無い。 o God(神)が最初に吐き出した言葉⇒大和ことば o 「ひらがな・カタカナ」と「ABC」/アラビア文字 o 「ヘボン式分析」アラビア語 French Germany English Chinese Jomon o 「大和ことば」「縄文時代のことば」口承伝説に文字は不要 o 「音声意図学」ヘボン式分析 o ・「アイヌ学」は間違い。日本語にもっと自信を持とう! o. ダビンチコード⇒シュテファンカイザー Political dynamics 政治力学 to give up nuclear weapons President Obama 核宣誓への手紙 Letter from Hiroshima R. ソクラテスの妻・新科学対話 Post Script..あとがき追伸 R・・ 3トン探検団・・宇宙・童話 R・・「楽器達のお昼ね会にて」 S 超能力者 Esper PK 念力 T 哲学・心理学物理学の融合 T 哲学:異常気象の扱い方:心が物を動かしてる物理学 T 心の科学 言霊 音霊 Words; soul; spirit; dwells wavelength T呪殺,言葉で相手を殺す。脅迫。幸せへのノウハウ秘訣 UFOを見る家系, 澄子の回想 U・・田舎の生活・・大人の童話 V・・ギリシャ神話 「ユダヤ人」「トルコ人」(漫画)・・手塚治虫 W ヨーロッパ縦断の旅(前編) W ヨーロッパ縦断の旅(後編) W・ヨーロッパ縦断自転車の旅「僕の前には道はない」(写真) x. 同棲・週末婚・結婚生活 x. 婚活ノウハウ x・・・ボランティア記 x・・東北大震災ボランティア記⇒署名活動(中間報告) Y ジャイアントインパクト「エデンの園があった場所」 Y 古墳の科学的分析、昆虫記 Y 短編 「切腹の美学」「奴隷の手」「時空間疾走(Time-Slip)」 z 「へその館」;高樹のぶ子評 z 「奇妙なゲーム」:Henry Morton Stanley 技術革命 z 「新 ガリバー旅行記」 z てるてる坊主」網戸」 おすすめサイト 心と体 文化・芸術 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 民生委員」介護師」看護師」保健師」目指すべき未来 福祉行政改革と大統領制への移行提案 童話:浜辺のキツネ 趣味 音楽