CRUSTAL〔地殻存在度〕COSMIC〔宇宙存在度〕Abundances

2019年3月 9日 (土)

Very large neutron star explosed, formed the Milky Way. 超巨大中性子星の爆発で銀河系が出来た。今から46億年前に昔太陽系(≒中性子星)が爆発して現在の太陽系が出来た! Old solar (≈ neutron star ) exploded, could the solar system!

 COSMIC〔宇宙存在度CRUSTAL〔地殻存在度〕Abundances のブログ記事に関連して、miyamoさんからお手紙を頂きました。
  太陽が超新星爆発によって出来たというのは理解出来ます。また、鉄が非常に安定した原子であり地球上にも大量に存在していることも知られています。核融合によって、水素がヘリウム、ヘリウムが融合して鉄になることも分かっています。【1】これで太陽の誕生は説明出来ますが、周辺の惑星(水金地火木土天海)の誕生に関しては大いに疑問があります。
 The Sun was due to the supernova explosion can understand. In addition, also on the Earth exists in large quantities and very stable iron atoms is known. Know that the fused helium, helium by nuclear fusion, hydrogen, iron. [1]can be explained by this is the birth of the Sun is around the planet (Mercury/Venus/Earth/Mars/Jupiter/Saturn/Uranus/Neptune) of have much doubt about the birth.
2;星雲のガスが凝縮して惑星を形成したとする説もありますが未だに明快に解き明かしたとは言えないでしょう。この話の中にドイツの哲学者が説を唱えたりするのも歴史上の事実です。しかしなんだかすっきりしない
[2]; is not unlocked yetclearly there were compelled to condense the gas of the Nebula, planets are formed. To infringe theory in Germany in this story is a historical fact. However, not stressed out.
3;太陽系の惑星や衛星が観測されますが、他の恒星の惑星に関してはあまり話題にもなりません。この辺の話には生命の誕生にも関わることですので、あまり積極的にならないのかな。 ともかく今回の記事には納得出来る部分が多いのは事実です。
 [3]; is our solar system's planets and moons were observed for the planets of other stars has not. Not so actively involved in the birth of life to the story of this neighborhood, so I wonder. Much satisfied with this article anyway is true.
By: miyamo 2019 / 3 / 09 投稿 miyamo 2019/ 3/09 
 miyamoさんへの返信 comment & answer.
 miyamoさんコメント有難う。『【3】・・・今回の記事には納得出来る部分が多いのは事実です』とおっしゃって頂けて有難く思っています。貴方が書いてくれたコメント【1】【2】に関して少しだけ話させて下さい。まず【1】『・・・、周辺の惑星(水星/金星/地球/火星/木星/土星/天王星/海王星/)の誕生に関しては大いに疑問があります』に関してお話します。

続きを読む "Very large neutron star explosed, formed the Milky Way. 超巨大中性子星の爆発で銀河系が出来た。今から46億年前に昔太陽系(≒中性子星)が爆発して現在の太陽系が出来た! Old solar (≈ neutron star ) exploded, could the solar system!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月12日 (火)

CRUSTAL, COSMIC〔宇宙存在度〕Abundances trancefomed by Fibonacci Real sequence.(フィボナッチ変換で分かる事).-2

 2019/ 3/09renewal by Hiro.Oyama(広.大山)
概要:小中学生との会話形式で、我々の住んでいる宇宙が最初に出来た超新星爆発事件の証拠探しをやっています。その明らかな証拠は何と、120年前の本「理化学辞典」に詳細に記載されていたのでした。イトカワを使って小惑星の隕石をわざわざ採集して持ち帰るまでもなかった模様である事を分かりやすく論じています。
Summary: I'm looking for evidence of the universe we live in, conversational and elementary and middle school students could first supernova explosions. More listed chemical dictionary, 120 years ago, this is clear evidence that it was. Easy never to take and use the Itokawa asteroid meteorites is purposely collected and discussed.
 一昨日の続きです。今日も使いますので〔地殻存在度〕のデータをまず添付して置きます。
 It is a continuation of yesterday. Even today, so [crustal abundances] in place first attach the data.

Crustral_abundance0_2
 一昨日のお話しの最後に、『ウラン238Uよりも大きい放射性原子核は皆全て、(238U232Th: トリウム)に変身し、収れん(収束)していきます』ということをお話ししました。
ここで問題です。「ウラン(U)トリウム(Th)とでは、どちらが安定な原子核でしょうか?」
 Talk the day before yesterday at the end of the "is greater than uranium 238U radioactive nuclear all the (238U232Th: thorium) to continue the astringent (converging), and transformed ' that we talked to.
 Here is the Question. "Uranium (U) and thorium (Th), which is stable in a nucleus would?"

 上表を見ると、ウランUの数の方が(トリウムThの数に比べて)多いですね。20%30 %ウランの方が多い! このことを覚えておいていただいて、次の〔宇宙存在度〕表をご覧ください。

続きを読む "CRUSTAL, COSMIC〔宇宙存在度〕Abundances trancefomed by Fibonacci Real sequence.(フィボナッチ変換で分かる事).-2"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年7月10日 (日)

COSMIC, CRUSTAL〔地殻存在度〕 Abundances transfomed by Fibonacci Real sequence.(フィボナッチ変換で分かる事).-1

 2019 03/09 renewal by Hiro.Oyama(広.大山)
 要旨:フィボナッチ数列を実数扱いすることで得られた時空間変換法:フィボナッチ変換テーブルを用いて、昔太陽の超新星爆発の論証を「理化学辞典」のデータを基に解析・解説しています。難しい数式は一切用いておらず、小中高校生にも容易に理解できることを目指しています。原子核物理や最新宇宙論に対して、若者の学習意欲と研究意欲が大いに増すことでしょう。
Abstract: space-time conversion algorithm obtained by treating real Fibonacci; Fibonacci conversion table using the old solar supernova explosion proof dictionary of chemical data based on analysis and commentary. Not using any hard formula, aiming also to elementary and secondary school students can understand easily. It will increase motivation and motivation of young people much to current Cosmology and nuclear physics.

続きを読む "COSMIC, CRUSTAL〔地殻存在度〕 Abundances transfomed by Fibonacci Real sequence.(フィボナッチ変換で分かる事).-1"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年7月 4日 (月)

「早速質問?」爆笑問題『なぜビッグバンは2回だと言えるのですか?』"Questions?" "you can say why big bang is twice? '

"Questions?" "you can say why big bang is twice? '
 早速質問ですね。どうぞ。

フィボナッチ変換Fis^4 施したら、ビッグバン直後の宇宙の姿に到達したとのことですが、どうしてだと言えるのでしょうか?回でないのは分かりました。回ではないという理由を説明して下さい」
「その訳を納得するためには、もう1 Fis^4 処理を施してみれば分かるのです。やって見せましょう」
"Fibonacci transform Fis^4 is reached the figure of the universe immediately after the big bang it stronger 2 times, and that's why twice? Knew no more than once. Please explain the reason not times "
“To understand the translation, once again Fis^4 it to wrap, you know. I'll show you.”

Photo_4
"How about this time? Abundances of hydrogen and helium are [0] is the presence of heavy metals in particular on uranium and thorium, had turned around [16] that became a large number. This [] that I've added in the infinity symbol, was shown.”
「いかがです?水素ヘリウムの存在度が〔〕になってしまって、重金属の中で特にウランやトリウムに該当する辺りの存在度が〔16〕という大きな数値になってしまいました。これを〔〕という無限大の記号で、現わしてみせたものも追記しておきました。」
 「つまり、こういうことですね。
現実的な存在度〔宇宙存在度や地殻存在度〕にフィボナッチ変換Fis^4 まで施してみると、何とかビッグバン状態と思える状態に到達した。
更に3回目のFis^4 を施してみると、水素やヘリウムなど軽金属部類は姿を消してしまって、重金属類だけが無限数存在する世界になった。即ち、混沌 という世界に到達してしまった。
 その状態はビッグバンが始まる以前の状態 を示しているから、ビッグバンは2回しか起こってませんよ。そう先生は判断されたという訳ですね。」
 "In other words, this kind of thing is. Real abundance [cosmic abundances and crustal abundances] the Fibonacci transform Fis^4 giving it up twice, and somehow seems to big bang state condition is reached. Even the third Fis^4 disappeared when subjected and metal class, such as hydrogen and helium, the infinite number present only the heavy metal world.
 Namely, had reached a chaotic world. It's going from the State shows the status before the big bang, big bang is only twice. It is the reason that he determined to be so.”

「爆笑問題さんは本当に勘取りが良いですね、その通りです。
軽金属類に限らずさえも、暗黒物質の一部として溶け込んでいる状態が混沌の世界なのですよ。
別の言葉で説明しましょう。
ブラックホールからは光さえも脱出できない。出て来れない』という話を耳にされたことがあるでしょう。あのブラックホールこそが、フォボナッチ変換Fis^4処理を回以上施した状態だと言えるのです」
「先ほどからFis^4 とかFis^8 とかFis^12 とか4の倍数が出て来ますが、その意味を教えて下さい。」
"You are really good hunch was right, you are right. ‘Hikari (Light)’, regardless of the metal even State dissolved as part of the dark matter is chaos of the world is. In other words let me explain.
‘"With light from a Black Hole also cannot escape. Can't come out,’ that would have heard the story. That Black Hole is the Fis^4 transformation said that with more than 3 times the State's "
"Just from Fis^4 or Fis^8 or Fis^12 comes out or multiples of 4, but please tell me what it means.”

続きを読む "「早速質問?」爆笑問題『なぜビッグバンは2回だと言えるのですか?』"Questions?" "you can say why big bang is twice? '"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 2日 (土)

COSMIC ABUNDANCE(宇宙存在度)をフィボナッチ実数列で時空間圧縮してみたら、Hiro. Oyama

SummaryFibonacci transforms Fis^4 as summaries of the series of Fibonacci numbers real, to examine the Cosmic Abundances came. This analysis could end up in the State just after the Creation (Big Bang). And shortly after that State only "light" chaotic condition that happens in the world, and in book of Genesis of the Bible "light!" and found that exactly correspond.
要旨 シリーズとしてフィボナッチ数列を実数化して編み出したフィボナッチ変換Fis^4 を用いて、宇宙存在度を調べて来ました。今回の分析で、天地創造(ビッグバン)直後の状態に行き着くことが出来ました。その直後の状態とは「光のみ」が混沌世界の中で発生した状態であり、聖書の創世記「光あれ」と正に対応していることが分かった。

光世界の冒険 もそろそろクライマックスです。まずは次の図表をご覧ください。Adventures in the 'Hikari'(light) world is climax soon. See the following chart first.
Photo
 この図はこれまでお話しして来た話の「まとめ的な図」です。
結論を先に提示するのが主義なものですから、まず初めに若干のコメントをしておきます。
左端には、原子核No.と対応する代表的な元素記号とが並べてあります。
右端には、その続きをから順番に積み上げるように並べてあります。
 This figure is ever talk came to "Summary and Figure". Ago presenting the conclusions of a principle is first beginning to leave some comments.
No.-nucleus on the left... and there alongside the typical elemental symbol.
To the right, continue from the bottom in turn stacked there side by side.


 中ほどの3組の数字は、宇宙存在度
[Cosmic Abundanceです。
3組共、自然崩壊が進行する前の出来立てほやほやの原子核の分布数を表しています。
大きな数値が並んでいる左コラムが我々の身近に感じる世界であり、原子核や元素にほぼ対応させてあります。
 中央のコラムは、左コラムの数値にフィボナッチ変換Fis^4 を施したものです。
そして右コラムは、中央コラムに再度フィボナッチ変換Fis^4 を施したものです。
 The Middle three digits is the Cosmic Abundances. Represents the distribution of the atomic nucleus of three sets with a natural collapse before freshly hot from the oven.
 Left column flanked by large numbers of our closer to world feel, and have almost respond with atomic nuclei and elemental.
 Central column transform Fibonacci numbers in the left column to Fis^4 is made of.
And the right column is the center column again Fibonacci transform Fis^4 is made of.


 結局のところ、右コラムは、左コラムの数値にフィボナッチ変換Fis^8 を施したことになるのですが、その結果は、 [0][1]しか現れて来ないのです。
天地創造の直後〔ビッグバン直後〕には、光しか存在していませんでした。光のみ〔1〕であり、他は混沌〔0〕に全て、含まれていたのでした。
 ビッグバン直後から時間が経過して時空間が
1つの安定な状態になりました。その状態が中央のコラムです。
その安定状態において、昔太陽〔元太陽〕が超新星爆発〔小さなビッグバン〕を起こした直後の状態が、左コラムだったという事です。
 At the end of right column transform Fibonacci numbers in the left column to Fis^8, that is, but as a result [0] and [1] but is not coming up.
After the Creation of [immediately after the big bang]: a did not exist but the light. Only light [1], and in other chaos [0] to because it contained all. Over time after the big bang space-time one stable state now. The State is the Central column. In its stable state, Old Sun [former Sun] Supernova [small big-bang] is that immediately after the failed State was left column.
 

 次の図は、先月紹介した[地殻存在度] の絵です。
Read on for more. The following illustration is a crustal abundances (Crustal Abundance) of the picture.
Crustral_abundance0_2
 So the other day I spoke this [crustal abundances] of painting is teeth missing was the picture feels as surreal, or by going. It may be that Old Sun used the supernova evidence is generally familiar thin. Occurrence of results time elapses from the left column shown in the first drawing of this picture is the surface becomes prominent by the natural decay of the nucleus was.
 先日もお話ししたように この〔地殻存在度〕の絵では、歯抜けが起こっていたりして、現実離れしてようにも感じられる絵でした。昔太陽が超新星爆発した証拠ではあるのですが、一般的にはなじみが薄かったかも知れません。
 この絵は、最初に示した絵図の左コラムから時間が経過した結果出現したものでして、原子核の自然崩壊によって凹凸が顕著になったのでした。
 ビッグバン直後では、まだ不安定で不完全な多くの原子核出来立てほやほやの原子核〕が沢山たくさん存在している状態の宇宙存在度の絵が最初に見せた絵図だったのです。
これまで数か月の検討結果を踏まえて(フィボナッチ法則忠実に従がって)正確に時間を遡(さかのぼ)って描いてみたら、ビッグバン直後の絵にたどり着いたのでした!
 Incomplete, immediately after the big bang, the still unstable in many atomic nuclei [nucleus of freshly hot from the oven] was the drawings showed the first pictures of cosmic abundances of many Many present.
So far based on several months of study results (Fibonacci Law faithfully following) was reached back in time accurately, we tried the picture immediately after the Big Bang!

続きを読む "COSMIC ABUNDANCE(宇宙存在度)をフィボナッチ実数列で時空間圧縮してみたら、Hiro. Oyama"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月30日 (木)

Big-Bang〔ビッグバン〕 and Crustal abundance〔地殻存在度〕への極大宇宙(Infinity)・極小宇宙(Infinity small world)からの影響。Hiro. Oyama

 Summary: Describes the "Crustal Abundance" through and "Cosmic Abundances" differences, evidence of the big bang and the former Sun 5 billion years ago small Supernova exploded when evidence that existed during the "Crustal Abundance" data. By using the conversion process of Fibonacci infinity world and infinitely small world effects and reverse techniques show you key in.
 概要:”地殻存在度”と”宇宙存在度”の違いを説明しながら、ビッグバン時の証拠と、太陽50億年前に小型の超新星爆発した時の証拠とが、”地殻存在度”データの中に存在していたことを説明しています。フィボナッチ坊やの変換処理を使って「無限大世界の影響と無限小世界の影響とを逆転」して見せる手法が「鍵」であった。

 爆笑問題さんのために、次のような絵図を用意しました。
まずは、ご覧ください。
That picture looks like. First of all, please see.
Crustral_abundance0

 Be arranged a lot of numbers, but this [crustal abundances Crustal ABUNDANCE] of the drawing right can compare the effects from the maximal universe and minimal space, using the data so that it is. Ever talk came [cosmic abundances COSMIC ABUNDANCE], present in the beginning in the Big Bang universe space [abundance] had dealt with it is. Abundance of elements in the crust of the Earth's surface (weight ratio) researched in detail, is published in the dictionary of chemistry. Is it easy to understand for elementary and junior high school students, I at once, this [crustal abundances Crustal ABUNDANCE: it is.
 数字が沢山並べてありますが、これは〔地殻存在度〕のデータを使って、極大宇宙・極小宇宙からの影響を較べられるようにした絵図面です。
 これまでお話しして来た〔宇宙存在度〕は、ビッグバンに始まる全宇宙空間に存在する〔存在度〕を扱って来たのです。
これに対して、地球表面の地殻に存在する元素の存在量(重さ比)が詳細に調べ上げられて、理化学辞典に掲載されています。これを、小中学高校生の皆さんのために分かりやすくまとめてみたのが、この〔地殻存在度〕です。

 両端には、これまでたびたび出て来た原子量番号と、皆さんになじみの深い代表的な元素とが並べてあります。半分は、軽い元素が無限小世界からの影響を強く受けながら、地上に存在していることを示しています。

半分は、銀河宇宙とか銀河団など、極大(無限大)宇宙からの影響の程度を示しています。
 ですから、”半分の欄(コラム)は、どこまでも永遠に”続いているのです。
それは正に、フィボナッチ数列が飛び飛びの値を取りながら、限りなく大きな値へと続いているそのものなのでした。
 Atomic weight number ever came out in the ends, and you are alongside the familiar deep representative elements. The left half shows the lighter elements are strongly affected by from the infinitely small world, while being on the ground.  The right half shows the extent of the impact from the Galactic space or maximum, such as clusters of galaxies (infinite) space. So, is "the right-hand column is forever" continued. It had continued to infinitely large values, taking the Fibonacci sequence following the value itself.

 
The contrast on the left half, before the hydrogen is not table. Look at the number in the middle of the left half of the 62: 15 et al. would have been 1. Is that zero is not only '0'.  See the next column (Column) and already cut and zero is '0'. And look at that top left hydrogen 1 h and 4He helium abundance, to less than one-thousandth of carbon 12 C is getting smaller?
 これに対して半分」に関しては、水素より先には表は続かないのでした。
左半分」の真ん中の数値を見てごらんなさい、6215 となっているでしょう。その先はゼロ’’しかあり得ないのです。
その隣りのコラム(Column)を見ると、既に早々と、ゼロ’’が並んでいます。
 そういう目で見ると、一番左の水素1H やヘリウム4He の存在量も、炭素12C 1000分の1以下にまで小さくなっているでしょう?

 太陽の周りを回っている地球の軌道の近辺にある全ての水素を集めて表を作ったとしても、この〔地殻存在度〕表と大同小異なのです。
 このことは、現代の天文学の観測結果と矛盾しない科学的な事実 なのですよ。
 Made the table, gather all the hydrogen in the vicinity of the orbit of the earth around the Sun, even this [crustal abundances] is a table and practically.
 This is a scientific fact does not contradict the observations of modern astronomy.

続きを読む "Big-Bang〔ビッグバン〕 and Crustal abundance〔地殻存在度〕への極大宇宙(Infinity)・極小宇宙(Infinity small world)からの影響。Hiro. Oyama"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月20日 (月)

「川の流れのように宇宙は存在している」という不思議な一致。"River flows in the universe is there" a strange coincidence.Hiro. Oyama

Summary: talk of 'summary' of the Infinite and Infinitely small world studies utilizing the Fibonacci Word real meaning to the elementary and middle school students use calculators and EXEL, E = MC^2 means, Time and Space [TXYZ] have to talk gently about the way to verify the fact that stretch.
概要フィボナッチ実数列を駆使した「無限大・無限小世界の研究」に対するお話しの'まとめ'の意味を込めて、小中学生が電卓EXELを使って、E=MC^2の意味や、時空間〔XYZT〕が伸び縮みしている事実を確認できる方法について、やさしくお話してあります。
本文日本人なら誰でも知っている美空ひばりの歌’の1つに、「川の流れのように」という歌があります。実に良い歌で、私も「ひばりコーラス」で時々歌うのですが、ある時ふと、『そうだ。大自然という宇宙は、川の流れの様に 時空間(TXYZ) が経過して行っているのだ!』と、気が付いたのでした。
 Anyone know if the Japanese 'misora's song' one, "follows the flow of the river" that have a song. Is a really good song, I sometimes sing with our chorus, sometimes by chance, "said. Universe that nature is like a river flow spatio-temporal (TXYZ) has passed go! 'And, I've noticed. Using this [chemical dictionary, a prestigious scientific book 'proves' will show. First, look at maps of the following. It is of the mighty Nile River. "Very similar." And, don't you?
 これを、[理化学辞典] という権威ある科学の書物を使って、証明して見せましょう。
まずは、次の絵図を見てください。雄大なナイル川の雄姿です。良く似ている!』とは思いませんか?
Photo_3
 ビクトリア湖(Lake Victoria)に端を発して、数多の支流の水を集めながら次第に川幅を増し、地中海に注いでいくその流れは、”雄大”の一語に尽きるでしょう。この科学の目を通して見れば地中海(Mediterranean Sea) さえも、ナイル川(Liver Nile)の一部に思えてくるほどです。Boils down to "majestic" 1, the flow stems from Lake Victoria (Lake Victoria), collecting numerous tributaries water the river increased, will pour into the Mediterranean Sea. If, through the eyes of this science, Mediterranean, is apparently part of the Nile. And the workings of its global nature and the "elements of the nuclear cosmic abundances" is similar to geometry that is strange? There should be some reason. "Not funny" is.
そして、その地球規模の大自然の営みと、”原子核や元素の宇宙存在度COSMIC ABUNDANCE)”とが幾何学的に似ている、というのですから不思議でしょう? 何か理由があるはずです。無ければおかしい』のです。

続きを読む "「川の流れのように宇宙は存在している」という不思議な一致。"River flows in the universe is there" a strange coincidence.Hiro. Oyama"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年6月18日 (土)

フィボナッチ坊やが「原子核の周期律表」を易しく・・・の解説です。Hiro. Oyama

概要: 一昨日より、原子核の構造の安定性に関して小学生にも分かる様に易しく解説をしながら、最後にはアインシュタインの一般相対性理論の結論(E=MC^2) を、自分自身の電卓やパソコンで確認・納得できることを説明しつつあります。
何百億円という研究費を投じなくても、時間(T)が長さ(L)と共に伸び縮みしている事実は確認できるのです。

 先日のブログの最後に「鉄王国の〕が余りに高いので その集中度を調べてみたら・・・という副題を付けた 以下のような絵図を添付して置きました。
そこに、レポートのまとめ が書いてありました。
 補足の意味を込めて、説明させて下さい。

Photo_2

 このレポートの結論〔the Conclusion of this Report
【1】、原子核の世界は、フィボナッチ実数列(Fibonacci Real Sequence)と完璧に〔absolutely〕対応しているらしい。
【2】、Fis-coef (係数)は宇宙空間の長さ〔L〕の伸び縮みを現わすと同時に、時間軸(T)の伸び縮みと完璧に対応している。
  《 天地創造時、原子核生成数の分布〔宇宙存在度Cosmic Abundance〕は、フィボナッチ実数列の完全なる支配下にあった模様。》
 という大胆な結論が、書いてあったのでした。
どうして、この結論が導きだせるのか、補足がてら、解説しましょう。

続きを読む "フィボナッチ坊やが「原子核の周期律表」を易しく・・・の解説です。Hiro. Oyama"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月16日 (木)

Nuclear periodic table:フィボナッチ坊やが「原子核の周期律表」を易しく語っています。Fibonacci sonny speaks it easily.

『メンデレーエフさんが発明した「元素の周期律表」は見たことがあるけど、「原子核の周期律表」は知らない』という貴方へのプレゼントです。   知らなくて当然です、フィボナッチ坊やが世界中で初めて言い始めた事なのですから。 早速、お話しを始めましょう。
 It's a gift for you "I have looked at the periodic table of the elements; Mendeleev invented, but the peoriodic table of atomic nuclei, don't know' that. Knowing that the Fibonacci boy started saying for the first time in the world is from. Immediately, talk let's get started.  

 Is a very small sphere around electronic turns round, atom has a nuclear Center, but inside was thin in the State most of the weight is located all the nuclear charge. Weight of the core (Protons and neutrons) what total had decided on. Let me show you from alittle model of the clogging condition there took pictures of it.
 原子は中心に核を持っていて、その周囲を電子がぐるぐる回っているという極小さな球体ですが、その内部はスカスカ状態であって 重さのほとんど全ては中心にある核が受け持っているのです。
その核の重さは〔陽子(フォトン)と中性子〕が合計何個あるかで決まっているのでした。  
 ちょっとその詰まり具合のモデルを写真に撮ってありますからお見せしましょうね。
151204_1748011 手前に1個だけのもの、2個がくっ付いているもの、奥に4個がくっ付いたものが2組あります。1個は水素の原子核です。2個がくっ付いているものも水素の原子核で2H と表します。4個がくっ付いている核はヘリウムという原子核で4He と表す約束です。
 Front pair only one,which sticks 2 pieces, 4 pieces are glued together in the back. One is hydogen nuclei. Touching two otheres in the nuclei of hydrogen and 2H. Clings to four core is apromise in the atomic nucleus of Helium that represents the 4He. Core 4 pieces are glued together and see and from the looks of stability.

 4個がくっ付いた核は、がっしりとしていて見るからに安定性が良さそうでしょう?151204_1657011風船の中に13個の玉を閉じ込めてみました。中段に7つ、上と下にそれぞれ3個が積みあがっています。
3++3=13  これに該当するのは炭素13C です。
 I tried 13 balls trapped balloon. In the middle and seven under respectively three masonry has risen to. 3+7+ 3=13 carbon 13C is applicable. In the middle of the seven, is difficult to understand, so I'll show you a model photo, next. 

中段に、というのが分かりにくいので、そのモデル写真をお見せします。
Photo
 赤い球を中心に6つの緑色の玉が密着して並んでいます。これを細密パッキングと言います。・・・

続きを読む "Nuclear periodic table:フィボナッチ坊やが「原子核の周期律表」を易しく語っています。Fibonacci sonny speaks it easily."

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月14日 (火)

‘(ひょうたん)から(こま)’のように宇宙の姿が描けたという不思議なお話。the appearance of space drawn as if ‘pony happened to appear from gourd’, is a strange story.

 2019,3/10 bilingual renewal by Hiro.Oyama
  この絵は何の絵だったか覚えていますか?
    What was this picture, remember? 
Photo_5
 そうです。この世の”宇宙世界は瓢箪:ひょうたん(Gourd) のような形”をしていて、その出入口の部分を示した絵でした。
左真ん中に、Au(:gold) の王様が威張って陣取ってますので、思い出したでしょう。今日は、『この絵が、どういう手段でもって正確に描かれているか』,「このような絵から何が解るのか」ということについて、科学的に〔算術的に正確に〕お話ししましょう。
 ポイントはフィボナッチ数列にあるのですが、とりあえずそのことは忘れて下さい。
 Right. The world "space world gourd: shaped like a gourd" was a picture shows the entrance of the. Left will swagger Au (gold) King in the Middle, so will one of the most remembered.  Today, "this picture is what means accurately portrayed what about what is understood from this picture?, scientific [arithmetic, correctly: Let's talk. Points are Fibonacci numbers, but forget that for the time being.
 まず初めに、左半分の「重い方から」側について説明します。
この絵の大元になっている本の名は「理化学辞典(岩波)」という本であり、各学校の図書館はもちろん備えてありますし、科学者を志している中・高校生のほとんどすべてが「座右の銘」としているものです。その本の付録に「Ⅻ 元素の存在度」という表があって、それを参考にして分かり易く整理したら、出入口が1ひょうたん型の絵としてまとまったのでした。
 First of all, from the left half "heavier" describes a side. Is the name of this picture book of the book called "chemical dictionary (Iwanami) each school's library is, of course, while scientists are aiming at, and it has most high school students 'personal motto inscription" everything is what it is.  There is presence of XII. elements table in the Appendix of the book, use it to understand it was settled as a picture of a pear-shaped doorways, easy to organize.
 This picture more... let the unfamiliar figure.
この絵をもっと詳しく表現した絵図をお見せしましょう。
Photo_2
 この絵では、水素やヘリウムなど軽い元素の存在度が、極端に小さくなっています。
これに対して右側に並ぶ重金属類の存在度が極端に大きく現れています。
フィボナッチ坊やが発明したルールで、左右対称になるまでに大きさを縮めて並べた表です。〔最初のひょうたん図〕と比べても、数値の桁数が逆転 しています。〕
『質問:この絵図は何を物語っていると思いますか?』と、タイトルが打ってあります。
 In this painting, such as hydrogen or helium light element abundances of less extreme. Shows extremely large abundances of heavy metals for this line on the right side. Rules invented the Fibonacci boy in the mirror before it is lined up and shrink the size. [First calabash figure] and than the number of digits is reversed. : "Question: do you think this piece tells us that anything? ' And may play the title.
 その答えとして、
1我々の住んでいる世界が、微小な世界にも、極端に大きな極大世界にも連続して連なって存在していますよ。
2その出入口の丁度その位置に、水素やウラン原子核が位置しているのです。
 という風な答えがコメントしてあるのでした。
 As a result, [1] also the world we live in a small world and the extremely large maximal world consecutive ranges, has been. [2] is the entrance of exactly at the hydrogen and uranium nucleus is located. Like it was a comment the answer. Explain why it is such a big deal.
 どうしてそんな大それたことが言えるのか、説明しましょう。

続きを読む "‘(ひょうたん)から(こま)’のように宇宙の姿が描けたという不思議なお話。the appearance of space drawn as if ‘pony happened to appear from gourd’, is a strange story."

| | コメント (1) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

a CATIA 裏技 Intuition Know-how, arcane secret, cheat sheets.相対性原理の真髄 a Wegener's大陸プレート瞬間強制移動説 continental drift theory plate tectonics a プルーム説に異議有. ちょっと考えれば分かる事! a プレート・テクトニクス⇒ 新地球物理学・新地学の創設へ a 地球整形手術の跡」ヒマラヤ山脈もマリアナ海溝も痕跡 a 惑星の軌道は楕円』第二焦点の位置に見えない星が存在している! a. 地図(場所)当て遊び。Lied cheated in the section "plate tectonics"(うそ) a. 地磁気⇔プレートテクトニクス⇔見かけのポールシフト a・スノーボール全球凍結は嘘(うそ)空論! a・・ 種の起源と大陸移動説 B エゼキエル書にはUFOがいっぱい!ウソ記事を見分ける方法。ダニエル書~マラキ書 Bible in Acts:使徒行伝の中で天使とUFOを探そう。Search Bible in Mark マルコによる福音書を科学の目で読み解く。Scientific Analysis Bible・・「ヨシュア記」 Bible・・「出エジプト記」 Bible・・改悪された「ルカ書」 Corrupted History・・LUKE Bible内で天使(宇宙人)とUFOを捜せ・・GENESIS、EXODUS B・「マルコ書」新約聖書に在る奇跡の数々。日本語1955版 B・・・天地創造の物語~ヨセフ B・創世記1章~20章、天地創造 Collapse of the Tower of Babelを砂場遊びで確認 CRUSTAL〔地殻存在度〕COSMIC〔宇宙存在度〕Abundances CURL 境界層内での粘性流体計算法:超高速計算理論 d 水銀と白金は金の成り損ね。Mercury, Platinum : detracts from made of Gold. easy Baseball の曲がり方の研究 bends the way research. easy やさしい相対性の説明  easy フィボナッチ実数列。Real Fibonacci numbers easy フィボナッチ数列・Fibonacci sequence real easy 数占いって不思議 easy 算術フィボナッチ easy 簡単な相対性原理説明 easy 音は縦波 光も縦波です electron spin-time Bode's law 電子スピン時間」ボーデの法則」独楽」音階」 F black hole・GPS衛星・時空間・アインシュタイン思想とは f Top 独楽 ブラックホールblack‐hole big-bang-mini fake Dark matter dark energy 暗黒物質 ビッグバン嘘空論 g Arrow of time 時間軸の矢 Equivalent-surface of time : 等時間面 Gravity field 「重力場」 Galaxies colliding.(NASA) Gravity 「重力圏」 schwarzchild Gravitation Heat-island 建白書 Phenomenon. Drastic measures against, Emergency Report K1「氷惑星」目次 K2・灼熱の氷惑星(二章) K3・灼熱の氷惑星(三章) K4・灼熱の氷惑星(四章) K5・灼熱の氷惑星(五章) K6・灼熱の氷惑星(六章) KⅡ氷河・海水準・海進・海退 KⅡ海溝・海嶺・海山・断裂帯 kⅢ・・氷惑星の謎 第Ⅲ部 K・・・氷惑星の解説 LED H/L ヒートシンク」熱対策」 Light 光技術の話・・01-20・「光りと光線はどう違うの?」「楕円」「放物線」「双曲線」 Light 光技術の話・・21-40・「灯具内で光が曲がってる?「演色性・立体角・疑似光源」 Nobel Prize ノーベル賞はあなたでも狙える。[二度とない人生だから]は私の辞書に無い。 o God(神)が最初に吐き出した言葉⇒大和ことば o 「ひらがな・カタカナ」と「ABC」/アラビア文字 o 「ヘボン式分析」アラビア語 French Germany English Chinese Jomon o 「大和ことば」「縄文時代のことば」口承伝説に文字は不要 o 「音声意図学」ヘボン式分析 o ・「アイヌ学」は間違い。日本語にもっと自信を持とう! o. ダビンチコード⇒シュテファンカイザー Political dynamics 政治力学 to give up nuclear weapons President Obama 核宣誓への手紙 Letter from Hiroshima R. ソクラテスの妻・新科学対話 Post Script..あとがき追伸 R・・ 3トン探検団・・宇宙・童話 R・・「楽器達のお昼ね会にて」 S 超能力者 Esper PK 念力 T 哲学・心理学物理学の融合 T 哲学:異常気象の扱い方:心が物を動かしてる物理学 T 心の科学 言霊 音霊 Words; soul; spirit; dwells wavelength T呪殺,言葉で相手を殺す。脅迫。幸せへのノウハウ秘訣 UFOを見る家系, 澄子の回想 U・・田舎の生活・・大人の童話 V・・ギリシャ神話 「ユダヤ人」「トルコ人」(漫画)・・手塚治虫 W ヨーロッパ縦断の旅(前編) W ヨーロッパ縦断の旅(後編) W・ヨーロッパ縦断自転車の旅「僕の前には道はない」(写真) x. 同棲・週末婚・結婚生活 x. 婚活ノウハウ x・・東北大震災ボランティア記⇒署名活動(中間報告) Y ジャイアントインパクト「エデンの園があった場所」 Y 古墳の科学的分析、昆虫記 Y 短編 「切腹の美学」「奴隷の手」「時空間疾走(Time-Slip)」 z 「へその館」;高樹のぶ子評 z 「奇妙なゲーム」:Henry Morton Stanley 技術革命 z 「新 ガリバー旅行記」 z てるてる坊主」網戸」 おすすめサイト グルメ・クッキング・介護・ 心と体 文化・芸術 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 趣味 音楽