F・・「電子スピン時間」・・・・「ボーデの法則」

2014年7月30日 (水)

第94話、ボーデの法則(改良版)で冥王星の名誉回復を!

 アインシュタインの相対性理論って本当にすごいよね。
【1】、水星・金星・火星のみならず、小惑星として一繰りに扱われることになったケレス・パラス・ベスタ など数千~数万個ある小惑星の公転軌道半径も、320分の整数値で整理出来ることが、解ってきました。
【2】、 冥王星の軌道は海王星の軌道と交差していますが、いずれは衝突して一つの惑星にまとまることも予測可能です。 更に、何年後にその衝突が起こるであろうという予測まで可能となって来たのです。
【3】、太陽自体が、太陽系の中心軸回りに回っているのです。その中心軸は太陽中心点の近くにありますが、少しだけ木星寄りにズレているはずです。 このズレさえも、何Kmずれているかを近々計算され、一般常識となって来そうです。
 という預言を前回致しました。
これって、当りますよ、確実に!。
 何故かと言えば、アインシュタインさんの相対性原理から出て来たことなのですから。

 ケプラーさんが、地動説の論文を発表するに当り、ひとつ大きな悩みがありました。
その悩みとは、「天動説の推定精度を越えられなかったから。」なのでした。
その論文が実際に書物として出版されて、第1版が手元に届いた時には、ケプラーさんの葬儀が終わっていた。という話まで記録に残っています。

 アイザック・ニュートンでさえも聖書を片時も離さず、物理・数学・神学研究の最重要参考資料としていたのです。
そのくらい、聖書は科学的記述で満ち満ちているのです、バカにしてはいけませんよ。
 その第1ページ目の創世記第一章を解説途中ですが、
まさか、ボーデの法則の改良によって、聖書の2進数世界が証明できるとは、思いもよらないことでした、ラッキーです。

 さて、今日は何から話しますかな?
書きたい事は山ほどありますが、とりあえず【1】水星・金星・火星の軌道半径の推定式精度を挙げておきましょう。
   表3、  第三改良式 - -  第94話の転記です。
但し、火星は自明の修正をしてあります。       
水星  3.871 | (11+20)/8  = 3.87
金星  7.231 | (11+18)/4  = 7.25
地球 10.    | (11+ 9)/2 =10.《基準の10》 
火星 15.237 | (11 +4.237)  =15.237 
小惑星(28)   | (11 +    3 )*2  = 28 
木星 52.40  | (11+ 672/320)*4= 52.40 
土星 95.65  | (11+ 306/320)*8= 95.65 
天王 191.3  | (11+ 306/320)*16= 191.3
海王 300.3  | (11- 517/320)*32= 300.3 
冥王 392.6  | (11-1557/320)*64= 392.6
 
   表4、  第四改良式 - --  表3を改良       
水星  3.871 | (11+20 -10/320)/8=3.871
金星  7.231 | (11+18 -24/320)/4=7.231
地球 10.    | (11+ 9 ±0.0 )/2 =10.《基準》 
火星 15.237 | ( 11+4 +76/320) =15.237 
小惑星(28)   | (11+     3   )*2 = 28 
木星 52.40  | (11+ 672/320)*4= 52.40 
土星 95.65  | (11+ 306/320)*8= 95.65 
天王 191.3  | (11+ 306/320)*16= 191.3
海王 300.3  | (11- 517/320)*32= 300.3 
冥王 392.6  | (11-1557/320)*64=392.6
 合計10個の実測データを元に整理した結果、改良式の値と実測データとがピッタリ4ケタ全てで一致しました。 ですから、式の精度としてはもう1ケタ上がって、5桁が有効数字とみませます。
しかし、太陽の公転半径は外挿推定に該当するので、
     実質は4ケタということになるでしょう。やってみましょう。
推定式は、X=(11+20+α)/2^4=(31+α)/16  です。
α=1 : X=(31+1)/16=2 :水星に影響が出過ぎる。
α=-31: X=(31-31)/16=0 :太陽の質量が無限大の場合です。
      この仮定の下に、ボーデ式は成立っていたのです。
α=-30 :X=(31-30)/16=0.0625
α=-29 :X=(31-29)/16=0.125
地球の公転軌道半径が10相当ですから、0.125は、1.25%
∴地球までの距離(1.495億Km)の1.25%は、187万Kmです。
一方、
太陽の大きさ(直径)は、139万Km【日本百科大辞典(小学館)】
ですから、半径はその半分の(69.5万Km)です。
187万Km - 69.5万Km = 117.5万Km。よって、
α=-29ならば、太陽表面から木星寄り118万Kmの所に、太陽系の共通公転軸は存在すると見積もられます。

α=-30ならば、93.4万Kmの位置に共通軸があり、93.4万Km - 69.5万Km = 23.9万Kmほどしか太陽表面から離れていない場所〔:連星ならば ほとんど接するが如くの場所〕に太陽系の共通回転軸は存在することになります。

 いずれにしても、αは(-30~-31)の間に存在すると予想されます。
連星の相手は木星に違いありません。
~~o(^o^)o~~
 
 
 

 

続きを読む "第94話、ボーデの法則(改良版)で冥王星の名誉回復を!"

| | コメント (0)

2014年7月29日 (火)

第93話、ボーデの法則は宇宙の真理!(高精度化に成功)

 相対性原理(アインシュタイン)から導き出される、新ボーデの法則について説明しましょう。
【太陽から惑星までの距離÷太陽から地球までの距離】*10
                         
水星  0.5787億Km→ 3.871
水星  1.081 億Km→ 7.231   
地球  1.495 億Km→ 10.《 基準の10 》     
火星  2.278 億Km→ 15.237  
小惑星           ( 28 )
木星   7.78 億Km→ 52.40   
土星   14.3 億Km→ 95.65   
天王   28.6 億Km→ 191.3   
海王   44.9 億Km→ 300.3  
冥王   58.7 億Km→ 392.6
 これに対して、ボーデ予測式は、
水星  4       = 4
金星  4+3  =  7
地球  4+6   =10 《 基準としての10 》
火星  4+6x2=  16
小惑星 4+6x4=   28
木星  4+6x8=   52
土星  4+6x16=100
天王星 4+6x32=196
海王星 4+6x64=388
冥王星 4+6x128=772
 アインシュタインの相対性宇宙論が正しいなら、海王星・冥王星の推定精度がもっと向上した式が存在するはずです。
試行錯誤の結果、次の1表は、第一改良式です。
   表1、 第一改良式 ーー       
水星  3.871 | (11+21)/8=  4 
金星  7.231 | (11+17)/4=  7 
地球 10.    | (11+ 9)/2= 10 
火星 15.237 | (11+ 4)  = 15 
小惑星(28)   | (11+ 3)*2= 28 
木星 52.40  | (11+ 2)*4= 52 
土星 95.65  | (11+ 1)*8= 96 
天王 191.3  | (11+ 1)*16=192 
海王 300.3  | (11  - 2)*32=288   
冥王 392.6  | (11   - 5)*64=384 
土星~冥王星までの推定精度が目立って良くなってます。
      気を良くして、分数を追加して整理します。
   表2、 第ニ改良式 ーー       
水星  3.871 | (11+20 )/8 = 3.87
金星  7.231 | (11+18 )/4 = 7.25
地球 10.    | (11+ 9 )/2 = 10 
火星 15.237 | (11+ 4)     = 15 
小惑星(28)   | (11+ 3  )*2  = 28 
木星 52.40  | (11+ 2   )*4  = 52 
土星 95.65  | (11 +15/16 )*8 =  95.5 
天王 191.3  | (11 +31/32 )*16= 191.5
海王 300.3  | (11 -52/32 )*32= 300. 
冥王 392.6  | (11-311/64)*64= 393.
 いかがですか、 有効数字ケタ(桁)まで一致して来ましたね。もう少し努力してみましょう、第3表にまとめました。
        表3、  第三改良式 ーー       
水星  3.871 | (11+20 )/8  = 3.87
金星  7.231 | (11+18 )/4  = 7.25
地球 10.    | (11+ 9 )/2 = 10 
火星 15.237 | (11+ 4 )    = 15 
小惑星(28)   | (11+   3 )*2  = 28 
木星 52.40  | (11+ 672/320)*4= 52.40 
土星 95.65  | (11+ 306/320)*8 = 95.65 
天王 191.3  | (11+ 306/320)*16= 191.3
海王 300.3  | (11- 517/320)*32= 300.3 
冥王 392.6  | (11-1557/320)*64=392.6
 
                
 木星以下に、320分の整数を割り当てると、ものの見事に有効数字ケタの測定値に一致したではないですか!
 木星・土星・天王星・海王星から、21世紀の学会で継子(ままこ)扱いを受けた冥王星まで、5つの測定値がソロって、有効数字4ケタ共、完全一致したのですよ。
このことは何を意味しているのかな?
~o(^o~)~

続きを読む "第93話、ボーデの法則は宇宙の真理!(高精度化に成功)"

| | コメント (0)

2014年7月28日 (月)

第95話、1サイクル(Cycle = 歳クル)=1千年

 Kさん、やっと判りました、〔一歳は1000年のこと〕でした。
旧約聖書第五章に証拠が有りました。モーセ〔日本では申せは非常に正確に 「年と歳を使い分け」 してたのです。たとえば、
アダムは百三十歳になって三男:セツ を生み、その後800年生きたあと、死亡。」という類の文章が創世記五章の中だけでも、数十行ありますが、どの箇所の文章も
百三十歳(さい)  八百(ねん) という風に、ルビ(ふりがな)を付けて明確に区別してあります。
 間違いは「歳≒年」だと勘違いして、
[合わせて、百三十歳 + 八百年 = 930歳生きた。]
とした間違った文章を、後で誰かが追加したことから発生した模様です。

130歳+800年≒130.8歳  が日本の小学生が習う算数です。〔1サイクルは1000年でした〕
聖書は全然、嘘いってないです。

続きを読む "第95話、1サイクル(Cycle = 歳クル)=1千年"

| | コメント (0)

第92話、ボーデの法則と電子スピンとの関係-1

 ボーデの法則って聞いたことありますか?
水金地火木土天海冥で知られる各惑星の軌道半径が簡単な整数比で表せる】という法則です。
地球の軌道半径は約1.5億Km。これを整数10として、以下、
水星  4、
金星  4+3=7、
地球  4+6=10、《基準として10とする》
火星  4+6x2=16、
木星  4+6x8=52、
土星  4+6x16=100 と置いてみると、実測と良く合うのです。実測値と対応させてみると、以下、
水星  0.578億Km⇒ 3.871   
金星  1.081   ⇒ 7.231   
地球  1.495   ⇒ 10.     
火星  2.278   ⇒ 15.237  
木星  7.78     ⇒ 52.40   
土星 14.3       ⇒ 95.65
であり、当時、天文学者の関心を集め、天王星以下の発見のきっかけとなりました。
4+6x32=196
      
 のドんピシャ位置に、天王星が発見!
天王星の軌道半径は28.6億Kmですから
 28.6÷1.5 x10=191
    当時としては、驚嘆に値する予測精度です。
大騒ぎになって、
4+6x4=28 の位置に〔小惑星〕が次々に発見されて行くことになる。
更に、
4+6x32x2=388 付近を大がかりに探索してみると、海王星発見!
(海王星:44.9億Km)÷1.5 x10 ⇒ 300
4+6x64x2=772 付近を捜していて、冥王星が発見された!
冥王星:58.7億Km÷1.5 x10 ⇒ 393
 単なる偶然の一致ではなかったようで、今日でも何かしらの宇宙の真理を表しているものと思われています。

続きを読む "第92話、ボーデの法則と電子スピンとの関係-1"

| | コメント (0)

2014年7月12日 (土)

第87話、3回転半すると±0.5秒時間が縮んだり伸びたりするよ。

光速Cのスピードならば、正確に【ジャスト4.8 秒】かかる。
地球1周は4万Kmであり、光速C=30万Km/秒ですから、
一周するのに 0.133333333秒 かかり、
自転軸回りに、てくてく歩きで36周回ってますから、
0.333333 x 36 = 4.8秒 が出て来ます。
   2014  7/12 小山広雄(大山宏)
という訂正記事を書いてから、
占い師:板金勝美(東広島市フジグラン2Fに開店)に電話をかけました。

「北極点から少しずれた点から真東に向かって渦巻き状にしらみつぶしに進んで行くと、18周目で赤道面に達し、更に東進を続けると、倍の36周目で、南極点の近辺に到達した。
そのまま東進を続けていたら、72周で元の北極点付近に帰り着いたんだ。
光のスピードで同じコースを進んだら、9.6秒で往復できたことになるんだけど、これってイメージに合いますか?」
「ええ、そんなところでしょう。あと、という数値で整理すると異次元世界が見えて来るはずですよ。・・・」

 早速やってみました。地球1周は4万〔Km〕ですのでこれを光速で割って、
4万Km÷30万〔Km/Sec〕*72周÷9.6x〔9.6+0.4〕=10秒
4万Km÷30万〔Km/Sec〕*75周=10秒
であり、
3周をプラスすれば、ジャスト10秒で光が往復して来ることが分かった。
4周目を勢いで加えると(行き過ぎて)宇宙空間に飛び出してしまう。
 これが異次元世界が見えて来るという意味だったのですね。

 アインシュタインさんの一般相対性原理そのものじゃあないですか。
占い師:勝美さんのインスピレーションはすごいですね。

光子(光電子)は地球を1秒間で7回半 回るのでしたね。
人間の体内には、何千億個もの電子があります。貴女(貴方)が今いる場所で
3回転半すると±0.5秒時間が縮んだり伸びたりする
ことを示唆している(保証・証明)しているのです。
 フィギュアースケートのスピンで、4回転の壁が厚いこと納得出来ましたか?
彼らは回転中に0.5秒程度時間を得しているのです。氷の上の時空間で遊んでいるのがスケーターなのです。
蛇足ついでにもうひとつ、
 運動会のトラック競技でのお話をしましょう。
徒競争などトラック競技では、左回りに走っている ことに気が付いていましたか?
右回り(時計回り)でトラックを走らせると、どういう訳か事故が多いのです
 小学校の先生がた、御父兄の方々、覚えておいて下さいね。
本当にそうかどうかと疑う方は、全力でトラックを時計回りに走ってみられる事をお勧めします。くれぐれもこの実験は子供に強要しないで下さい。
 自分で走って痛い目にあえば、アインシュタインさんが嘘つきではないことが納得できますから。
2,014 7/12 Hiro. Oyama 大山 宏

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

Bible in Acts:使徒行伝の中で天使とUFOを探そう。Search Angel(alien) and UFO | Bibleを科学の目で読み解く。Scientific Analysis・・MARK | Bible・・・ヨシュア記 | Bible・・・出エジプト記 | Bible・・改悪された「ルカ書」 Corrupted History・・LUKE | Bible内で天使(宇宙人)とUFOを捜せ・・GENESIS、EXODUS | B・・・エゼキエル書にはUFOが | B・・・天地創造の物語~ヨセフ | B・・・新約聖書に在る奇跡の数々「マルコ書」・「ルカ書」 | CATIA裏技、3Dノウハウ、CAD intuition Know-how, arcane secret, cheat sheets | F black hole・GPS衛星・時空間・アインシュタイン | F ブラックホールblack‐hole 独楽Top big bang mini | F‥重力場・gravity field Galaxies colliding.(NASA) | Fフィボナッチ実数列。Real Fibonacci numbers | Fフィボナッチ数列・Fibonacci sequence real | F・・dark energy・ビッグバンbig bang うそ空論 | F・・「時間軸の矢」「等時間面」Arrow of time, Equivalent-surface of time | F・・「電子スピン時間」・・・・「ボーデの法則」 | F・・重力圏・・gravity schwarzchild Gravitation | G・やさしい相対性原理の説明 | G・・やさしい相対性の説明 | H ヒートアイランド対策 Drastic measures against heat-island phenomenon. | H ヘボン式 音声意図学 フランス ドイツ 英 中国 アラビア語 French Germany English Chinese Arabic Jomon 縄文 | K プルームテクトニクス?⇒新地球物理学・新地学の創設へ | K プルーム説に異議有-7 ちょっと考えれば分かる事! | KⅢ・・氷惑星の謎 第Ⅲ部 | K・・1・・・氷惑星(仮説への道) | K・・2・・灼熱の氷惑星(二章) | K・・3・・灼熱の氷惑星(三章) | K・・4・・灼熱の氷惑星(四章) | K・・5・・・灼熱の氷惑星(五章) | K・・6・・灼熱の氷惑星(六章) | K・・・・・・・・・氷惑星の解説 | K海水準・海進・海退・氷河 | K海溝・海嶺・海山・断裂帯 | K隕石衝突では恐竜は滅ばない。NASAも時々嘘つく | L 境界層内での粘性流体計算法・・CURL。超高速計算法 | LEDヘッドランプ・・熱対策、ヒートシンク | Light 光技術の話・・01-20・「光りと光線はどう違うの?」 | Light 光技術の話・・21-40・「灯具内で光が曲がってる?」「演色性」 | Light 光技術の話・・41-60 ・・・・「一流とは?」 | N 心・・「ノーベル賞はあなたでも狙える」・・短編小説 | N 心・小保方晴子は本人知らずの超能力者 Esper,PK,念力 | N 政治を力学するノウハウ。核廃絶は可能 | o・政治力学・オバマ大統領へのお手紙 2016 9.19 ・・核宣誓 | o・音声意図学とヘボン式分析 | P・・ 種の起源と大陸移動説 | P・・・  算術フィボナッチ | S・・ スケーリング・・哲雄の講演メモ「新 ガリバー旅行記」 | S・・ スノーボール全球凍結は嘘(うそ)空論! | S・・ ソクラテスの妻・・新科学・・・対話 etc. | T 哲学・心理学物理学の融合 | T 地図(地形・場所)当て遊び | T 地球整形手術の跡・ヒマラヤ山脈もマリアナ海溝も痕跡 | T 地磁気⇔プレートテクトニクス⇔見かけのポールシフト | Wegener's大陸プレート瞬間強制移動説 continental drift theory plate tectonics | X・・「奇妙なゲーム」猫の鈴:Henry Morton Stanley革命 | X・・アイヌ学とキリスト教 | X・・ヨーロッパ縦断・自転車 ・・「僕の前には道はない」 | X・・ヨーロッパ縦断・自転車1 | X・・ヨーロッパ縦断・自転車2 | Y 同棲生活・週末婚・結婚生活 | Y 婚活ノウハウ | Y 心…自殺未遂、刃物 | Y 心の科学・・・「羊と鋼の森」言霊・音霊 be on the same wavelength. Words have a soul and a spirit dwells. | Y 数占いって不思議 | Y・・ 澄子の回想 | Y・・ギリシャ神話 「ユダヤ人」「トルコ人」(漫画)・・手塚治虫 | Y・・田舎の生活・・大人の童話 | Y野球ボールの曲がり方研究 | Z・・ 3トン探検団・・宇宙・童話 | Z・・「楽器達のお昼ね会にて」 | Z・・・・「小鳥」「てるてる坊主」 | Z・・・・ボランティア記 | Z選考・・短編小説「へその館」 | おすすめサイト | グルメ・クッキング | 心と体 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 趣味 | 音楽