Y 短編 「切腹の美学」「奴隷の手」「時空間疾走(Time-Slip)」

2015年8月 4日 (火)

Magic-hand [時空間疾走₋4」(最終編)。Statesmen human experiment slaves deliberately Kyoto supremacy principle world peace Memorial Cathedral world peace Memorial.

 中国短編文学賞への応募作-6:「奴隷の手」をお書きになった記者様へ(最終編)

 長い長い挿入文、しかも、カトリック広島司教区様発行の本の文章と、我が子:宏が身勝手な解釈の下に書きなぐって、私に送りつけてきた私小説「時空間疾走」の文章抜書きとを、二重三重につなぎ合わせて書いたこの手紙。
 失礼の段ベットの上で、涙しつつお詫びしております。
申し訳ありませんでした。もし許されるなら、あと今少し息子の意見を補足させて頂けませんでしょうか。
きっと、お許し下さるであろうと祈りつつ、追記させて頂きます。

昔の神様は温情的
『・・、原爆を日本に投下するにあたり、”四方を山で囲まれた盆地が効果的だ”として、第一候補に、”京都”が挙がったが、日本の歴史遺産を守るべき、との観点からか、第一投下目標から外された。 そこで現在の北九州市を第二目標地点として飛行機は飛び立った。しかし、あいにくの天候で急きょ、第三候補地の広島に原爆は投下されることになった。』
 と、幼いころ私は、母から聞かされていた。
一方、チースリク神父の回想を読むと、米軍は随分と慎重だったことがことが分かる。もっと言えば”超計画的”であり、且、”狡猾的(こうかつてき)”であったことがうかがえる。(宏の時空間疾走より)

 この文章を「三度の定期便」引用の前に、息子:宏は置いていたのです。宏も書いております通り、宏が幼い頃に、”私が”あの話を宏に語り聞かせました。
宏はそのことを書いていたのです。私の認識間違いを、あの数10年前の広島県民の認識の過ちを、宏は鋭く指摘して来たのです。
そして 《 昔の神様は温情的 》 だったよ。現代の生き神様は(米国人も日本人も)誰も彼もが情け容赦なくなったのではないか、身勝手になってきたのではないかと示唆して来たのでした。
 私は女学生のころ、京都女学校に転入学し、過ごしました。
それなりに良い懐かしい思い出も多々ある中に混じって、不快で嫌な思いも致しました。
今更それを暴露(ばくろ)するのも如何なものかとは思いますが、『これも世界平和のためには、私の役目、勤めなのだろう。』と思い、書き足します。
 私が京都女学校に転入した当時の人々は、京都至上主義だったのです。
それで、転入して来た生徒の試験成績が、いかに良かったとしても、優良可成績の「優」は与えられなかったのでした。
転校児童生徒ばかりではなく、その親が京都に昔からは住んでおらず、外(よそ)から移住して来ていた場合でも、その子供達を”よそ者”扱いする風潮が、当然の如くに流れていたのでした。
 京都の町は幸いにして、一発の爆弾を蒙ることなく古い木造家屋が残ったまま、終戦を迎えられました。
もちろん戦後、京都の人々はそのことに感謝 こそすれ、けっして、
『我々は神のご加護の下にあるから助かった。
 戦争被災者や原爆犠牲者は、死ぬ運命に元々あったのだ。』
なんてことは思ってはおられないでしょうが、
70年が経過した現在もなお、京都至上主義の意識がおありなら、
反省して頂きたいなあ、と思う次第です。 奴隷の手」のNHK報道(深夜)番組を通して衝撃を受けたのはこのことでした
 同時に、原爆を製造しそれを日本の地に、正義をかざして落としたアメリカの人々にも、多大なる反省をして頂きたいのです。
否、もっとハッキリいいましょう。
「貴方がたの政府は(貴方がたは)原爆の人体実験をなさったのです。この認識をなされないままでの原水禁平和運動は、大した意味を持たないのです!」
 マジックハンドの博覧展示会(原子力平和利用推進展示会)のために、平和公園の原爆ドーム近くにある世界平和記念館の原爆資料は、政府要人等からの指令によって、博覧会開催中全て取り払われたそうでした。
 そうまでして「安全だ安全だ」と宣伝した結果が、
  旧ソビエト連邦チェルノブイリ原発事故に繋がり、
   スリーマイル島の事故に繋がり、ついに、
     福島県の原発事故を引き起こしていったのです。
 これは誰の責任か?
私にもその責任の一端があります。広島市民であったとしても、復興に一生懸命が故に、奴隷の手に(結果的に)手を貸してしまった事を反省すべきではないでしょうか。
 いいえ、まだまだ認識不足でした。
中国新聞の記者(貴方様)が、”マジックハンドに対して”奴隷の手”という悪名を敢えて与えた意図が解かってはいませんでした。 その理由とは一体何だったのか?
ここまで考えてみて初めてその記者(貴方様)が、
『 日本人ばかりではなく米国人も世界中の全ての人々が、危険物を扱うマジックハンドという奴隷にされてしまう危険性』を予見・示唆されたのだと、私は気が付いたのでした。
 そうなのです。我々は、20世紀に至って、改めて為政者の奴隷にされてしまっっていたのでした。
人体実験意図的に計画して実行し、その追加実験として第五福竜丸事故を、意図的に20日間も放置して、多くの船舶上の被爆犠牲者を出しつつ、詳細な人体実験を継続するという為政者の奴隷に〔日本人も米国人も、世界中の人々が奴隷に〕されてしまったのでした。
 アメリカ合衆国市民に改めてお願いします
広島の世界平和記念聖堂と世界平和資料館とを、是非ご覧になりに訪れてみて頂きたい。 そのとき、感想として、『どうしてこんな物を展示して、我々を何時までも苦しめるのか、非難するのか。もう二度と見たくない。』なんて思わないで下さいね
               (NHK報道番組より)
 勝手なことを長々と書き連ねましたが、「奴隷の手」の記事をお書きになった記者様、これで私の与えられた役目をすべて果たせたことになるのでしょうか。
 もし、「よし、よし、老体に鞭打ってそこまで良くやった。」
と天国で思っておられるなら、どうか迎えに来て下さい。
でも私も、見えない神(名前も付けられない唯一神)が存在なさっている事を信じております。
 最後の祈りの言葉はキリスト者もアラーの神を信じる人々も、
 ・・・、 御心が天になる如く、地にもなさせ給え。
 国と力と栄えとは、限りなく汝のものなればなり。
(そのとおりです:アーメン)と祈り、「御心のままに」と結ぶのでしたね。
   浄土真宗(仏教徒)でも、祈りの最後は、
  「
御心のままにと結ぶのですよ。 
 早く迎えに来て下さい。
    でも、自分勝手は言いません、御心のままに!
中国新聞社御中
「奴隷の手」をお書きになった記者様へ  小山澄子拝
  2014年 12月 24日
2018/10/06 文章訂正 Hiro. Oyama

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 3日 (月)

Magic-Hand 「時空間疾走-3」 Disconnect from the candidate cities for the atomic bomb test (experimental). Hiroshima Memorial Cathedral for world peace. 世界平和記念聖堂(広島)

 中国短編文学賞への応募作-6:「奴隷の手をお書きになった記者様へ(続き)」

 その表紙には大きく、「平和を述べ伝える」と掲げてあり、副題として、世界平和記念聖堂(広島)献堂50周年記念誌 カトリック広島司教区 世界平和記念聖堂50周年実行委員会編 とありました。
 老人ホームの暇人ですから、そのA4版、総ページ数88枚の本を初めから丁寧に読み進めて行きました。
その最後の方で衝撃を受けたのです。身震いしました。
(許可無く転載を禁じます)との注意書きはありますが、
きっとカトリック広島司教様とイエスキリスト様はお許し下さると信じつつ、この手紙に転記させて頂きます。75ページです。
 「破壊の日」 フーベルト・チースリク神父の回想 
    ”一日三度の定期便”
 アメリカの定期便・・・これは毎日三度も来た。
そして当時の国鉄の汽車よりも正確に、その時間を守っていた。
たいていはアメリカ艦隊から来たのであろうが、艦載機二、三十機も上空を飛び、たまには B29型の大きな爆撃機も来た。
その時間は午前10時、午後四時、夜10時ごろであって、その1時間ほど前に、「警戒警報」のサイレンが鳴り出し、飛行機が豊後(ぶんご)水道から本州の西部に向かってくるといったような・・(一部割愛)・・人は皆、退避するはずであった。
ところが何ヶ月もの間、このような定期便が毎日空を飛び、爆弾一つも落とさずに行ってしまうので、人々は段々防空壕に入らず空を飛ぶ飛行機を見物するようになった」
(平和を宣べ伝える。P76)
 転載の途中ですが、私の息子宏のコメントを差し挟ませて頂く失礼をお許しください。

 なぜ米軍はこのような事をしたのか?
合理主義の国が実際に何ヶ月もの間、この様な無駄と思われることをやり続けるには、訳があるはずである。それは広島市民の心理操作以外には考えられない。
原爆を落した時に市民が皆、防空壕に入っていたのでは人体実験にならないと考えていたのであろう。
また、事前に絨毯(じゅうたん)爆撃をしておいた所に原爆を落したのでは、どの位の破壊力があるのかさえもつかめず、原爆投下の破壊力試験にさえならない。そんな事をアメリカ軍指導者達は考えていたのであろう。
 もう少し読み進めてみる。
・・・以上は、後で息子宏からもらった手紙の挿入文章でした。
”破壊の日”の文章転記に、戻ります。・・・

『新聞やラジオでは毎日どこかの空襲が報道され、そしてよそから来る人は、その空襲のひどいことをまざまざと物語った。何回にもわたる東京の大空襲、神戸の空襲や大阪の爆撃、七月に入っては、近くの重要なところも次々にやられた。
岡山、福岡、呉、岩国・・・徳山にあった海軍の石油タンクが焼えたとき、その黒い煙は一日中、広島の空を覆っていた。残ったのは京都、長崎、広島ぐらい。・・・」
 (世界平和記念聖堂広島献堂50周年記念誌 P76

 再度、息子:宏のコメント文を挿入させて頂きます。
 やっぱりそうだったかと私は思った。
京都、長崎、広島は原爆投下人体実験の候補地として、一、二年前から設定されていて、空爆対象から意識的に外されていたのだ。 では何故、
東西南北を山に囲まれていて、効果絶大の京都になぜ原爆は落されなかったのか?
 N H K の歴史秘話の題材としても大変興味深いテーマとなり得るであろうが、我が母が語ったような”日本の歴史遺産を守るため”というのはどうも眉唾物(まゆつばもの)であろう。第一、もしそうだったとしたら、
  広島・長崎の原爆犠牲者に対して失礼であろう。
 私の叔父:典雄は、原爆手帳の交付も申請せず、36才の若さで急死した。小さい頃から一緒に遊んでいた従兄弟:神名潤は被爆二世として20年前に他界した。
従兄弟の両親は勿論のこと、親戚の伯父・叔父・叔母も、遠の昔に亡くなっている。
 このような多くの犠牲者に対して失礼であろう。

 では何故、京都は原子爆弾のテスト地から外されたのか。
 手塚治虫の漫画の一つに、こんな話がある。
「日本に旅行に来たあるアメリカ人が京都の舞妓さんと恋に落ち、そのまま長らく京都に留まっていた。やがて太平洋戦争が勃発し、そのアメリカ人は帰国して軍人となった。
 戦争末期にはそのアメリカ人は米軍の中枢に在籍していて、日本の京都に残してきた妻の安否を気使って、『どうか無事でいてくれよ」と祈っていた。
 ここでその漫画は終っていたと記憶しているが、私はその続きを考えてみた。
 要は、「太平洋戦争末期、そのアメリカ人は日本に原爆が投下されるらしい事、しかもその投下目標の第一候補地が京都である事を知って、行動を開始した。
曰く、『日本文化の中心は何と言っても京都だ。あの京都を原爆のテストで破壊するのは世界の損失である。原爆投下の第一候補から外すべきである!』、と。」
 大方こんなところであろう。
 京都に在住の皆様は、大きな顔をしてはなりません。貴方がたの平和な暮しは東京大空襲・大阪名古屋など日本各地の多数の被災者、とりわけ、広島・長崎の百万人にも及ぶ原爆犠牲者(数十年経過してなお原爆後遺症で亡くなり続ける人々を含めると数百万の犠牲者)のお陰で成り立っているのです。
 こんなことを考えていたら、またまた私は時空トンネルに飛び込んでしまっていた。

 《上空からの眺め。ここは何処?

 携帯電話機が爆発した2014年春、私は幾つかの映像を眼前に見ていた。
夢ではない。 はっきりと起きていて、周囲の天井や壁などと重なるようにして何時間でも、次の日になっても見えるのである。
 島や湖(海?)が点在する広大な地形を上空から見ている、大きな、大きなパノラマ映像であった。 その映像は、いつか何処かで、実際に見たことのある光景のような気がした。
 ふと私は、『 そのスイッチを押させてはならない!』と、突然思った。何とか原爆投下を中止させることが出来るような気がした。
その投下を阻止する努力をすることが、自分に与えられた使命のように感じられた。
 69年前の過去にタイムスリップして、果して原爆投下を阻止できるか? しかしトライしてみる価値は充分にある!と思った。
  
 《時空間疾走試行の真っ最中に
 このような不思議な体験と思索を通して、過去へ時空間疾走する試みの真っ最中に、私の携帯電話機は爆発したのであった。
 21世紀は高度に発達した情報化社会である。
電話でちょっと無駄話をしても、自分の全く知らない人が聞いていて記録し、データ化し、ビッグデータとして活用している。
ブログに記事を載せれば、10分後には地球の裏側から英語で、わずか数文字という短い感想文や、感謝の言葉が返って来る。
〔 日本語を使う人種は手紙を貰っても返事を出さない悪習慣を身に着けた模様で、有難い情報を頂いても感謝の言葉も返さなくなった。自分に都合の悪い情報は聞かなかった事にして無視するか影で悪口を言い合い、相手をはずかしめることに腐心する。
『対岸の火事ほど面白いものはない。』を地で行く人種に成り下がった寂しい人々。・・・、余計な事を言いました。〕
 そんな時代なのだ。
秘密は筒抜けなのだから F B Iや公安警察の影を感じて私が脅えたのは、極々自然なことであったと思う。
 携帯電話の爆発で、69年前への時空間疾走は、何者かに邪魔されたが、それが本当に自分に与えられた使命なら、いずれそのチャンスは廻って来るのであろう。
 私は運・縁と時節の到来とを、待つ事にした。
それまでは時折々に自分に与えられる難問題を、全力で解決していくだけだ。歳を取っている暇はない。ン?
 いや間違えた、私は歳が取れないのだった。
何故なら∵私は時空を超越した旅人だったのだから。∵
                時空間疾走 〔終り〕
  米軍の人体実験-4へ続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 2日 (日)

Magic-Hand 「時空間疾走-2」熟年離婚 Pick up from heaven, banner town church, sediment-related disaster, volunteer divorce, home collapse, ‘Shinran Saint’ 親鸞聖人

:「奴隷の手」をお書きになった記者様へ(続きです

  つい最近のこともちょっとお話してもいいでしょうか?
 広島市の緑井八木地区で大災害が起こりました。80名近い方がお亡くなりになり、本当に痛ましい限りです。ほんの目と鼻の先での災害ですから、『あの宏は、あくる朝にもその現場に即駆けつけ、救援作業をやり始めているのだろうな。』と、テレビや新聞報道を毎日見ながら思っていたのです。
 ところが宏は現場の救助活動には参加していませんでした。
あとで聞くと、『行こうとしたのだけれど止めた。豊栄町の田舎道の草刈をする方を優先した。山沿いの市道の草を刈り続ける事にした。これも立派なボランティアだよ。」と言ってました。
 話が飛んでしまいました。
東北被災地から帰ってきた宏が、私の所に居たのは正味3日だけで、また尾道の岩子島(いわしじま)へと戻って行きました。・・・

続きを読む "Magic-Hand 「時空間疾走-2」熟年離婚 Pick up from heaven, banner town church, sediment-related disaster, volunteer divorce, home collapse, ‘Shinran Saint’ 親鸞聖人"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 1日 (土)

Magic-Hand 「奴隷の手」をお書きになった記者様へ Human tests, slaves hand, psychological operation, Tohoku earthquake, meltdown.「宏の時空間疾走-1」・・原爆投下を阻止せよ!

2019/01/10 トップ記事として
 奴隷の手 とは、中国新聞の記者が、今から70年余り前に、「マジックハンド」に対して付けた名前です。 かの記者は、原子エネルギーの平和利用に対して疑問符を投げかけた世界で最初の人でした。彼が広島の原爆の被災者であったかどうかは明らかでは ありませんが、広島県人であったことだけは確かです。 恐らく、ドイツ人宣教師らと同様に、被災者の一人であったのでしょう。
     = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =
   中国短編文学賞、応募作品、(6)
    ”「奴隷の手」をお書きになった記者様へ”
     = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =
   住所 〒739-2313 東広島市豊栄町清武2463
        小山 澄子(おやま すみこ) 〔代筆 大山宏〕
            生年月日 大正13年2月27日(94歳)
                     自宅(082)432-3041
   職業  ボランティア教師(無給)
  就業先、〒739-0262 東広島市志和町志和東 1201-1
 老人ホーム ドエル東志和
                     電話(082)433ー0777
「奴隷の手」をお書きになった記者様へ

 拝啓 初めてお手紙を差し上げます。 私は小山澄子と申します。大正13年生まれのもうろくしかけた、94のお婆ちゃんです。貴方様は、お元気でお過ごしなのでしょうか。
私は貴方様の名前もお顔もお歳も、まったく存じ上げておりませんし、現在何処にお住まいなのかなど想像することも出来ません。 ひょっとしたら既に天国で、私がこれを書いているのを見守って下さっているのかも知れませんが、何かに揺り動かされるような気持ちで、これを書き送らせて頂きました。・・・

続きを読む "Magic-Hand 「奴隷の手」をお書きになった記者様へ Human tests, slaves hand, psychological operation, Tohoku earthquake, meltdown.「宏の時空間疾走-1」・・原爆投下を阻止せよ!"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月16日 (月)

阿修羅が勝利する日

阿修羅は正義の神様だそうです。
昔インドでのお話しらしいですが、そこには力の神様も住んでいたとのことでした。力の神様の名前は忘れました。確か、帝釈天とか呼ばれていたようです。

阿修羅には一人の娘がいました。力の神様(帝釈天)は力づくでその美しい一人娘を奪ったのだそうです。父親の阿修羅は怒りました。そして、帝釈天に戦いを挑みました。しかし帝釈天は力の神様ですから、正義の神様である阿修羅には勝てる訳ありません!
何度も何度も戦いをしつこくしつこく挑むのですが、帝釈天に勝利することが出来ません。
終いには阿修羅は天空から追い出されてしまったのだそうです。

 数千年経った現代に於ても、突然思い出したように正義の神様である阿修羅は復活して、帝釈天に挑戦するのだそうですよ、あの形相で!

平成の月光仮面も、マンハッタンを駆け巡るスーパーマンも、阿修羅の生まれ変わりらしいですよ。月光仮面が時折見せるあの怒りの表情は、阿修羅の現れだった?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年4月15日 (水)

切腹の美学(大人のイソップ-1)

 長年勤め上げてきた会社から、実質的な退職勧告を受け取った。
『御苦労様でした。(もう使い道は無いので)切腹をしてくれという御厚意だなと思った。
陰に日向に、25年間お世話になった方々に挨拶をし、その後の一切をお任せして、その日のために"辞世の句"でも考えようかな、という静かな日々を過ごしていた。

 何日か経って、突然お城から呼び出しがあった。
指定された日に登城すると、「もう一年勤めることを許す。給金は大幅に減額であるが、破格のお取り扱いだ。これはお殿様直々のご厚意である。有り難く謹んで受け取れ」との"口頭の"お達しであった。

 その男は、突然のことに目を白黒させながら、「御厚意、有り難く受け取らせて頂きます。来年のことはわかりませんが、1年後に、『まだ生きていて勤務に努めてくれ』とのお言葉が頂ける様、精一杯勤め上げさせて頂きます」と、返答した。
これに対して上役が言うには、「勘違いしてもらっては困る。来年はこのような話は絶対に起こらないのだ。1年後には切腹しかないのだ。この御厚意が受け取れないなら、即打ち首だ」。
 まじめなこの武士は、返答に困った。 心の中で、「それなら今、切腹させて頂く方がマシじゃないかな?これは本当にお殿様の御意思なのだろうか?と、思った。
 2008227日 記

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月14日 (火)

「太陽と風"Solar and wind'」大人のイソップ・・・心のこもった暖かい福祉行政を!Board of Directors candidate requirement (Aesop in adults), and a hearty warm welfare!重役候補の必須条件。

in 2018 12/19Kiyomi-Yamanaka’ & Abe counselor to. Today in your-busy to expedite ‘Toyosaka’, home away from home, thank you very much. Rescue plan pending ‘Sumiko-Oyama’ decided course of action tomorrow (12/20) make contact in advance.
 2018 12/19
中山清実保健師&安部相談員様へ。
本日はお忙しい中、豊栄町の我が家まで足を運んで下さり、有難うございました。懸案の
小山澄子の救出計画について、明日(12/20)の行動方針が決まりましたので事前に連絡しておきます。
要旨:「中山さん達と一緒に送った『内容証明郵便』であり、姉武子に受け取ってもらえないまま1週間の保管期限切れで、私に送り返されて来た内容証明郵便は、
明日、小山澄子に届けることに致しました。その時、澄子母さんに事情を話し、お母さんの意志を、ハッキリと表明して頂く事とします。
 澄子母さんには次の3つの行動が選べます。・・・
Abstract: "Decided to deliver tomorrow, ‘Sumiko Oyama’ came sent me and sent along with the pure beauty in the mountains were" content-certified mail, and don't take my sister remains in custody has expired, one week in "content-certified mail" is. At that time, talk to my mother Sumiko, she will receive expressed clearly. Sumiko mother can choose the following three actions. ...

続きを読む "「太陽と風"Solar and wind'」大人のイソップ・・・心のこもった暖かい福祉行政を!Board of Directors candidate requirement (Aesop in adults), and a hearty warm welfare!重役候補の必須条件。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

a CATIA 裏技 Intuition Know-how, arcane secret, cheat sheets.相対性原理の真髄 a Wegener's大陸プレート瞬間強制移動説 continental drift theory plate tectonics a プルーム説に異議有. ちょっと考えれば分かる事! a プレート・テクトニクス⇒ 新地球物理学・新地学の創設へ a 地球整形手術の跡」ヒマラヤ山脈もマリアナ海溝も痕跡 a 太平洋プレート瞬間移動の証拠を発見 a 惑星の軌道は楕円』第二焦点の位置に見えない星が存在している! a 断面図でごまかされた「プレートテクトニクス」の嘘 Lied cheated in the section "plate tectonics" a 隕石くらいじゃ恐竜は滅ばない。Meteorite hit much, not about the destruction of dinosaurs. a. 地図(場所)当て遊び。Lied cheated in the section "plate tectonics"(うそ) a. 地磁気⇔プレートテクトニクス⇔見かけのポールシフト a・スノーボール全球凍結は嘘(うそ)空論! a・・ 種の起源と大陸移動説 B エゼキエル書にはUFOがいっぱい!ウソ記事を見分ける方法。ダニエル書~マラキ書 Bible in Acts:使徒行伝の中で天使とUFOを探そう。Search Bible in Mark マルコによる福音書を科学の目で読み解く。Scientific Analysis Bible・・「ヨシュア記」 Bible・・「出エジプト記」 Bible・・改悪された「ルカ書」 Corrupted History・・LUKE Bible内で天使(宇宙人)とUFOを捜せ・・GENESIS、EXODUS B・「マルコ書」新約聖書に在る奇跡の数々。日本語1955版 B・・・天地創造の物語~ヨセフ B・創世記1章~20章、天地創造 Collapse of the Tower of Babelを砂場遊びで確認 CRUSTAL〔地殻存在度〕COSMIC〔宇宙存在度〕Abundances CURL 境界層内での粘性流体計算法:超高速計算理論 d 水銀と白金は金の成り損ね。Mercury, Platinum : detracts from made of Gold. easy Baseball の曲がり方の研究 bends the way research. easy やさしい相対性の説明  easy フィボナッチ実数列。Real Fibonacci numbers easy フィボナッチ数列・Fibonacci sequence real easy 数占いって不思議 easy 算術フィボナッチ easy 簡単な相対性原理説明 easy 音は縦波 光も縦波です electron spin-time Bode's law 電子スピン時間」ボーデの法則」独楽」音階」 F black hole・GPS衛星・時空間・アインシュタイン思想とは f Top 独楽 ブラックホールblack‐hole big-bang-mini fake Dark matter dark energy 暗黒物質 ビッグバン嘘空論 g Arrow of time 時間軸の矢 Equivalent-surface of time : 等時間面 Gravity field 「重力場」 Galaxies colliding.(NASA) Gravity 「重力圏」 schwarzchild Gravitation Heat-island 建白書 Phenomenon. Drastic measures against, Emergency Report K1「氷惑星」目次 K2・灼熱の氷惑星(二章) K3・灼熱の氷惑星(三章) K4・灼熱の氷惑星(四章) K5・灼熱の氷惑星(五章) K6・灼熱の氷惑星(六章) KⅡ氷河・海水準・海進・海退 KⅡ海溝・海嶺・海山・断裂帯 kⅢ・・氷惑星の謎 第Ⅲ部 K・・・氷惑星の解説 LED H/L ヒートシンク」熱対策」 Light 光技術の話・・01-20・「光りと光線はどう違うの?」「楕円」「放物線」「双曲線」 Light 光技術の話・・21-40・「灯具内で光が曲がってる?「演色性・立体角・疑似光源」 Nobel Prize ノーベル賞はあなたでも狙える。[二度とない人生だから]は私の辞書に無い。 o God(神)が最初に吐き出した言葉⇒大和ことば o 「ひらがな・カタカナ」と「ABC」/アラビア文字 o 「ヘボン式分析」アラビア語 French Germany English Chinese Jomon o 「大和ことば」「縄文時代のことば」口承伝説に文字は不要 o 「音声意図学」ヘボン式分析 o ・「アイヌ学」は間違い。日本語にもっと自信を持とう! o. ダビンチコード⇒シュテファンカイザー Political dynamics 政治力学 to give up nuclear weapons President Obama 核宣誓への手紙 Letter from Hiroshima R. ソクラテスの妻・新科学対話 Post Script..あとがき追伸 R・・ 3トン探検団・・宇宙・童話 R・・「楽器達のお昼ね会にて」 S 超能力者 Esper PK 念力 T 哲学・心理学物理学の融合 T 哲学:異常気象の扱い方:心が物を動かしてる物理学 T 心の科学 言霊 音霊 Words; soul; spirit; dwells wavelength T呪殺,言葉で相手を殺す。脅迫。幸せへのノウハウ秘訣 UFOを見る家系, 澄子の回想 U・・田舎の生活・・大人の童話 V・・ギリシャ神話 「ユダヤ人」「トルコ人」(漫画)・・手塚治虫 W ヨーロッパ縦断の旅(前編) W ヨーロッパ縦断の旅(後編) W・ヨーロッパ縦断自転車の旅「僕の前には道はない」(写真) x. 同棲・週末婚・結婚生活 x. 婚活ノウハウ x・・・ボランティア記 x・・東北大震災ボランティア記⇒署名活動(中間報告) Y ジャイアントインパクト「エデンの園があった場所」 Y 古墳の科学的分析、昆虫記 Y 短編 「切腹の美学」「奴隷の手」「時空間疾走(Time-Slip)」 z 「へその館」;高樹のぶ子評 z 「奇妙なゲーム」:Henry Morton Stanley 技術革命 z 「新 ガリバー旅行記」 z てるてる坊主」網戸」 おすすめサイト グルメ・クッキング・介護・ 心と体 文化・芸術 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 福祉行政改革と大統領制への移行提案 趣味 音楽